Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相模湾(東京湾)にいるサメの種類

神奈川県などに住んでいる方などは
相模湾のビーチにいくことなども多いのではないでしょうか。

あまりサメなどの事などを知らない人にとっては
サメがビーチに来るかもと嫌な想像をしてしまうかも
しれません。

相模湾どんなサメがいるのか?

そのサメは浅い所にまでやってくるのか?

 

などがわかれば、相模湾の海岸などで不安なく
遊んだりすることもできるのではないでしょうか。

 

そこで、相模湾にいるサメの種類
いろいろと調べてみました。
相模湾にはわりといろいろなサメの種類がいます。

相模湾の船でキハダ釣りをやっているときにサメが釣れたり
釣れたものがサメに奪われることがかなり多いようです。

 

相模湾は水深1000mをえるような相模トラフが存在し、なかには
深海のサメも生息しています。

 

相模湾 サメの種類一覧

  • ウバザメ
  • ミツクリザメ
  • メガマウス
  • ジンベエザメ
  • アカシュモクザメ
  • シロワニ
  • ホオジロザメ
  • ハナザメ
  • イタチザメ(鼬鮫)

 

 

相模湾 深海サメの種類

相模湾の深海にいるということで人間と接触する
機会は無いのでほとんど危険性はありませんが
海岸に打上げられた個体などを見る機会もあるかも。

ウバザメ

ウバザメの画像

 

ジンベエザメに次いで大きい魚類。
餌はプランクトンを濾過して摂取。

 

ミツクリザメ

ミツクリザメの画像
出典 – https://www.youtube.com/

 

つきだした特徴的な吻をしている。
獲物を攻撃するとき顎が体長の1割りほど伸びる特徴をもつ。

 

メガマウス

メガマウスの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

水深200m近くに生息している。
大型の口で主にプランクトンや小型の深海の生物を捕食する。

 

 

相模湾 サメの種類

ジンベエザメ

 

 

よく知られている大型のサメのひとつ。
餌はプランクトンで、ほぼ人間への危険性は無し。

相模湾の沖の所ではジンベエザメも
みることが出来るようです。

 

アカシュモクザメ

シュモクザメの横からの画像

 

変わった姿ですがアカシュモクザメもサメの一種です。
英名のハンマーヘッドで呼ばれることもしばしば。

アカシュモクザメについては、危険、そうでないなどと
色々な意見があります。
以下にシュモクザメについていろいろと記載しています。

 

 

 

100匹ぐらい群れになることもあり
相模湾の冲でアカシュモクザメの大群がいる
こともあり

シロワニ

サメの種類 シロワニの画像

By: adam w

 

ワニとつくがサメの一種、昔サメのことを
ワニという地方があった。
シロワニは相模湾の定置網で捕獲されたことがあり

大洗水族館でシロワニがネムリブカを捕食した
のが有名

 

 

とくに人には危害を加えることは少ないサメ。

 

ホオジロザメ

 

相模湾の真鶴の定置網に
ホオジロザメ
かかったこともあるよう。

ホオジロザメは相模湾にいることはあるようですが
過去の例をみると、それほど海水浴シーズンの暑い時期には
海岸沿いにはあまり接近はしないようです。

どちらかというと寒い時期の3月~5月の出産シーズンに
接近するようなサメ
。そのシーズンに海遊びをする人はやや注意が必要かも
しれません。

 

ハナザメ

ハナザメの画像

ハナザメなどメジロザメの仲間は相模湾でキハダ釣り
をやっている時に釣れる
ようです。

 

写真はハナザメですが、このサメはあまり人間には
危害を加えないようです。

 

イタチザメ(鼬鮫)

イタチザメの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

産業廃棄物でもなんでも餌と認識すると
食いつくサメ。

主に沿岸で生活し、水深が数十cmの海域にまで接近する。

遭遇すると人間にとってはかなり危険なサメの一つ
です、ホオジロザメかそれ以上危ないかもしれません。