相模湾にいるサメの種類

神奈川県などに住んでいる方などは
相模湾のビーチにいくことなども多いのではないでしょうか。

あまりサメなどの事などを知らない人にとっては
サメがビーチに来るかもと嫌な想像をしてしまうかも
しれません。

相模湾どんなサメがいるのか?

そのサメは浅い所にまでやってくるのか?

 

などがわかれば、相模湾の海岸などで不安なく
遊んだりすることもできるのではないでしょうか。

 

そこで、相模湾にいるサメの種類
いろいろと調べてみました。
相模湾にはわりといろいろなサメの種類がいます。

相模湾の船でキハダ釣りをやっているときにサメが釣れたり
釣れたものがサメに奪われることがかなり多いようです。

 

相模湾は水深1000mをえるような相模トラフが存在し、なかには
深海のサメも生息しています。

 

相模湾 サメの種類一覧

  • ウバザメ
  • ミツクリザメ
  • メガマウス
  • ジンベエザメ
  • アカシュモクザメ
  • シロワニ
  • ホオジロザメ
  • ハナザメ
  • イタチザメ(鼬鮫)

 

 

相模湾 深海サメの種類

相模湾の深海にいるということで人間と接触する
機会は無いのでほとんど危険性はありませんが
海岸に打上げられた個体などを見る機会もあるかも。

ウバザメ

ウバザメの画像

 

ジンベエザメに次いで大きい魚類。
餌はプランクトンを濾過して摂取。

 

ミツクリザメ

ミツクリザメの画像
出典 – https://www.youtube.com/

 

つきだした特徴的な吻をしている。
獲物を攻撃するとき顎が体長の1割りほど伸びる特徴をもつ。

 

メガマウス

メガマウスの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

水深200m近くに生息している。
大型の口で主にプランクトンや小型の深海の生物を捕食する。

 

 

相模湾 サメの種類

ジンベエザメ

 

 

よく知られている大型のサメのひとつ。
餌はプランクトンで、ほぼ人間への危険性は無し。

相模湾の沖の所ではジンベエザメも
みることが出来るようです。

 

アカシュモクザメ

シュモクザメの横からの画像

 

変わった姿ですがアカシュモクザメもサメの一種です。
英名のハンマーヘッドで呼ばれることもしばしば。

アカシュモクザメについては、危険、そうでないなどと
色々な意見があります。
以下にシュモクザメについていろいろと記載しています。

 

 

 

100匹ぐらい群れになることもあり
相模湾の冲でアカシュモクザメの大群がいる
こともあり

youtubeでも相模湾にいるシュモクザメ
の映像がありました。

 

シロワニ

サメの種類 シロワニの画像

By: adam w

 

ワニとつくがサメの一種、昔サメのことを
ワニという地方があった。
シロワニは相模湾の定置網で捕獲されたことがあり

大洗水族館でシロワニがネムリブカを捕食した
のが有名

 

 

とくに人には危害を加えることは少ないサメ。

 

ホオジロザメ

 

相模湾の真鶴の定置網に
ホオジロザメ
かかったこともあるよう。

ホオジロザメは相模湾にいることはあるようですが
過去の例をみると、それほど海水浴シーズンの暑い時期には
海岸沿いにはあまり接近はしないようです。

どちらかというと寒い時期の3月~5月の出産シーズンに
接近するようなサメ
。そのシーズンに海遊びをする人はやや注意が必要かも
しれません。

 

ハナザメ

ハナザメの画像

ハナザメなどメジロザメの仲間は相模湾でキハダ釣り
をやっている時に釣れる
ようです。

 

写真はハナザメですが、このサメはあまり人間には
危害を加えないようです。

 

イタチザメ(鼬鮫)

イタチザメの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

産業廃棄物でもなんでも餌と認識すると
食いつくサメ。

主に沿岸で生活し、水深が数十cmの海域にまで接近する。

遭遇すると人間にとってはかなり危険なサメの一つ
です、ホオジロザメかそれ以上危ないかもしれません。

 

 

相模湾にいるサメの種類と同じカテゴリ

 

相模湾にいるサメの種類を見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……

イタチザメ 人食いサメ
イタチザメ 人食いサメ

出典イタチザメの特徴体長は平均的な個体で~、大きい個体になると近くになるものもいる。日本では本州中部から沖縄にかけて分布する。主に単独行動で、以上もの季節回遊を行う。イタチザメは特徴的な模様をしているので、他のサメの種類と見分けやすい。幼魚の時にその特徴がよく出ていて、背びれから後ろにかけて、横縞のある模様がしっかりと出ている。成長するにしたがってこの模様は、灰褐色の単色になっていく。しかし、多く……