釣り魚の臭みを出さない5つの方法

釣った魚を家にもって帰ってくると、臭くてあまり
調理する気になれない。
そんな方の為に臭みを出さない方法 5つの方法
でまとめて掲載しておきます。

いくらでも手の込んだ臭みを取る方法はありますが
どちらかといえば面倒なのはお断りという方が
おすすめな内容です。

 

 

血抜きする

初心者でもすぐ簡単にできるので
血抜きはしておきたい所です。

エラの下あたりの部分を締めるハサミで
切ってやって、あとは海水に数分浸してやるだけで
血抜きが完了します。

 

サビキで多量に釣れた時は直接手であらなどを
取り除けばよいです。
鮮度のいい魚の場合、手だけでも簡単にあらが取れます。

それほど臭くはなりません。

 

クーラーボックスに入れる際に水に浸さない

クーラーボックスに氷と水を入れて釣った魚をそのまま
にいれたら鮮度が保たれると
いうのを見て一度試したことはありませんか?

しかしやってみると分かりますがこれが
余計に臭くなったりまします

海水と淡水は比重が違うので海水に
浸せばいいというのも見たことがありますが
こちらでも同じようになります。
(しっかりとアラを取り除けばいいのかもしれませんが面倒です)

この方法はクーラーボックスに氷と水を入れて
魚はそのまま氷水に浸さずに、ビニール袋にいれて
水が浸水しないようにしないといけないようです。

氷はペットボトルに水を入れて凍らせると
水が溶け出さないのでかなり長持ちします。

水が浸水する可能性があるのが面倒なので、
クーラーボックスに水も入れずにペットボトル氷
だけをクーラーボックスに入れています

問題はないです、あまり冷えないようですが
おそらくこれが一番楽な保存方法ではないでしょうか。

 

 

ウロコを剥ぐ

あまり魚などを調理した事がない人は、ウロコなんかも
そのまま調理したりしているかも
しれません、これはかなり生臭い原因となるかと
思います。

ウロコを剥ぐ場合も包丁などで丁寧に剥いでいるかもしれません。
しかしこれは非常に面倒です。

皮ごと簡単に早く剥ぐ方法があります。
それは至って簡単で、単純にウロコの部分に熱湯を
まんべんなくかけてやればかなり綺麗に皮ごと
剥ぐことができるようになります

熱湯をウロコが逆立つようになるまで
かけてやると簡単に皮が剥げるようになります。

 

 

茶汁にひたす

これも臭みをとる方法で、割とお茶を飲む人などは
いつもあって簡単に調達できるので良いです。

使い終わった、お茶っ葉から取り出した茶でも
効果があります。
使うのは熱いお茶でなく冷めた茶をかけてやります
茶の抗菌作用も働いて、やや安心感あります。

お茶には殺菌作用があり、湯気だけでも
部屋にいる風邪の病原体をかなり殺菌するようです。

 

捌いてから一度冷凍保存する

魚によっては調理法により、結構な臭みが
感じられると思います。

そこで身だけにして一度冷凍保存してやると
かなり臭みが感じられなくなる事が多いです。

身だけにしてから、ラップして冷凍保存しておくて
いいでしょう。

 

特に釣り魚を刺身なんかで食べる人は一度やっておいたほうが
いい方法です。

刺身は上手いこと締めたり、手早く捌かないと身が
傷むので、そのままで食べると非常に生臭いことが
多いです。

アラなどを取り除いてから一度冷凍保存して
解凍する時はほどほどにしてから刺身として捌くと
綺麗な刺身にできて、さらに臭みもなくなります。

 

 

釣り魚の臭みを出さない5つの方法と同じカテゴリ

 

釣り魚の臭みを出さない5つの方法を見ている人は他にこんなページもみています

キビナゴを餌にして釣れる魚
キビナゴを餌にして釣れる魚

写真のように赤色のタイプのキビナゴなども売られている手軽に釣り具やスーパーなどで手に入るキビナゴで釣れる魚を一覧で載せておきました。手もそれほどは汚れないし本当にいろいろな魚が釣れる餌です。ちょっと釣り方を変えるだけでもいろいろな魚が釣れるので今日はボウズか、とあきらめずに釣り方を変えて他の魚を狙うのも手の一つです。キビナゴではかなりいろいろな魚が釣れますが、一般的で割と釣れやすい魚をピックアップ……

細長い魚(うなぎに似た魚)
細長い魚(うなぎに似た魚)

うなぎみたいな細長い魚が釣れたけど何かわからず食べるれるか不安みたいな事も多いこともあるかもしれない。そんな方のためにうなぎに似た魚の種類をメモしておきます。わりとウナギの触感や味に似ていたり、代用品みたいに使えるかもしれないので見分けて食材に利用してみてもいいかもしれないです。普通に日本でうなぎとして食されるのはニホンウナギ()となる。見分ける為に写真を載せておきました。よく考えるとあまり食べて……