錦鯉 大正三色

大正三色の画像

大正三色の画像
By: randychiu

錦鯉の種類

  1. 紅 白
  2. 大正三色
  3. 昭和三色
  4. べっ甲
  5. 写りもの
  6. 浅賛・秋翠
  7. 変わりもの
  8. 黄 金
  9. 光り模様もの
  10. 光り写りもの
  11. 金鋲鱗
  12. 丹 頂

錦鯉 大正三色

紅白の体に墨が入った錦鯉。
白地の地肌に紅色、黒がはいった錦鯉が『大正三色』。
大正三色という名は大正時代に固定された事が由来する。

錦鯉の御三家の中の一つであり、錦鯉の中では人気の高い品種。

大正三色と昭和三色の違いは次のよう

 頭部背部胸ビレ
昭和三色墨が入る墨は腹まで入る元黒
大正三色墨が入らない墨が腹まではいらない縞模様か真っ白
昭和三色の画像


昭和三色の画像
By: randychiu

 


大正三色の評価

1)部位別の評価

部位良い点悪い点
頭部口紅が入っている。
緋盤が目にかかっていない。
あごに緋がはいっている。
頭部全体に緋がある。
腹部巻き腹、重量感があると良い。 
手ビレ緋がない。緋がはいっている。
背ビレ緋がない。緋がはいっている。
尾ビレ緋がない。緋がはいっている。
体の左右左右のバランスが良い緋盤。左右どちらかに緋盤がかたよっている。
体全体地肌は純白
緋は色調が濃い
緋盤の際がぼけている。
墨(黒)がはいっている。
飛ひ緋(細かい点の緋)がはいる。
  1. 地肌は純白に近い程よいとされる。
  2. 模様(緋盤、紅色、黒色)は鮮明なものほどよい。
  3. 頭部に緋盤がはいる、墨ははいらない。
    胸ビレに墨の縞模様が入ると良い。
  4. 墨はキワがくっきりとしているもの
    基本的に大正三色は墨質の良し悪しが重要とされている。

 


大正三色の種類

  • 赤三色…紅白の大模様にほどよく墨斑がある。緋色の割合が多い。
  • ツボ墨三色…白肌部にある墨をツボ墨とよび、墨がツボ墨で構成されている大正三色
  • 墨三色…緋盤に比べ墨が多い
  • 小墨三色…墨三色とは対照的に墨が小さく少ない
  • 丹頂三色…紅白の丹頂の、白地に墨が入る
  • 口紅三色…大正三色で口に紅がついているもの

 


大正三色の選別方法

大正三色の、他品種と比べ一時選別するのが早い時期から可能な種類の錦鯉。
最初は墨が模様めいているものを残していくのが基本となる。

 

大正三色の墨の移り変わりは以下の4タイプに分けることができる。

Aタイプ:墨が次第に多くなり、※ハチクマになっていく。
Bタイプ:墨の面積が次第に少なくなって、残った墨は一層しっかりしてくる。
Cタイプ:墨が次第に薄れてぼけてしまう。
Dタイプ:最初から墨が小さく、紅白に近い感じだが、次第に墨がしっかりしてくる。

※「ハチクマ」
孵化後五十日ころまで、目立たなかった墨が大きくなると、
痘痕(あばた)のような墨点になることもある。

 

第一次選別

紅白と比較すると、大正三色では一時選別から相当厳選する。
大正三色の場合、少なくて三分の一、多い場合は十分の一という場合
もある。

除外するもの一覧
白棒(ほぼ真っ白の固体)
黒棒(ほぼ真っ黒の固体)
力道山(下半身が黒の固体)
赤頭巾(頭部全体が赤の固体)

 

第二次選別

この時期になると、タイプ別の特色がでてくる。

Aタイプ

第一次選別で残したときに比べ全体的に墨がおおくなっている場合はAタイプ。
第一次選別ですてたと思われたハチクマがこの時期にも再び出てくる。

出来るだけ下半身に墨のあるものを捨てていくことを心がける。

Bタイプ
最もよい血統、次第に墨が浮いてくるタイプ。
広すぎるような墨が次第にまとまってくる。
郡でみれば白っぽい感じがするが、墨が良くなり面積がすくなくなっていくのがBタイプ。

BとCとは選別の仕方が似ていますがBのタイプは
成長するにつれて見事な墨を見せるようになることが多い。

Cタイプ
このタイプはあまり好ましい血統ではない。
次第に墨が薄れてくるので、墨の勝ったものをなるべく残していく。

Dタイプ
このタイプは良質の大正三色の血統。
この段階では墨が良くなるか少なくなるかは、ほとんどわからない。
今後は緋の斑紋に注意しながら選別する。

大正三色の緋の理想

  • 色素が緻密
  • かなりの面積を有する
  • 模様の良いこと、三つくらいに切れているのが良い。

第三次選別

墨の傾向がしだいにはっきりしてくる。
第一次選別時に思いきって下級品を捨てたつもりでも成長するにつれてかなりの率で出てくる。
まずそれを選別する。

Aタイプの大正三色なら、底墨の薄いものを残す。
Cタイプの大正三色なら、底墨の薄いものは捨てていく。

残す 下半身に墨が少なくて、中央や肩のあたりに多いもの。
めったにないが珍しいので残す

この時期の墨の傾向を知る手掛かりは手縞となる。
選別時、鰭の傾向を見ながら良いものを残していく。

選別時に、鰭の縞 と体の墨との両方のバランスを見るの時間がかかるので。
第一に体の墨を確認して
第二に鰭の墨を確認して選別すると良い。

血統の傾向として、手鰭や尾鰭に黒線が多いタイプの大正三色であれば
次第に墨がふえてくる、もしくは消えにくい血統のタイプとなることが多い。

手鰭につく縞模様は、模様と調和のとれているのがよいとされる。
それは鰭の先端までかかっているものではなく、半分ほどで
程良く消えているもの
が見た目にも美しく、良いとされている。
手鰭が真っ白であれば、その血統は墨が薄れていく可能性は高い。

 

第四次選別

大正三色という錦鯉は、第一次選別第二次選別の頃はきまっていて容易だが
第三次選別第四次選別の頃になると選別が難しくなる。

砂利墨を捨てる、墨模様はキワのしっかりしたものを残す。
大模様の墨のものも捨てる。

第四次選別では緋に注意し選別していく。
血統として出てくる欠点は、相対的に比較して捨てていく。

 

緋の質は大正三色の腹で確認していく。

  • 腹の白い大正三色は、緋質も良質になる。
  • 腹の白地が奇麗な大正三色は緋が収縮する可能性が高く、緋がまとまって冴えてくるような傾向にある。

腹が白地でない場合、緋色が特に良いもの以外は良い大正三色になれる確立は低い

錦鯉 大正三色と同じカテゴリ

 

錦鯉 大正三色を見ている人は他にこんなページもみています

防波堤釣り毒魚 初心者必見
防波堤釣り毒魚 初心者必見

防波堤釣りで釣れることもある毒魚や生物を写真画像をつけてまとめて紹介しているページ。防波堤釣り毒魚アカエイこげ茶色の体色で、縁が橙色。尾の部分に毒を注入するトゲが突き出している。死んだ個体でも注意する必要がある。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいようで踏みつけられそうになった所を毒針で刺されるというパターンが多い。沖にいそうだが、時期によ……

らんちゅうの種類
らんちゅうの種類

らんちゅうとは高級金魚であり金魚の種類の中では人気が高い。ヤフオクの魚類、水生生物のカテゴリの中でもらんちゅうのカテゴリは売買代金が上位に入る。シーズンによって売買代金はかなり異なるが、売買は活況。高級金魚であるがアクアリウムショップやペットショップなどでも販売されている。値段は安いらんちゅうであれば数百円程度の値段で売られているが、この安価ならんちゅうは、中国や東南アジアなどの海外で多量に繁殖さ……