Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高級魚の値段 MAX『1億5540万円』も他の魚は?

高級魚の値段をいろいろとまとめておきました。
おもに相場が高い時の値段を記載しています。

 

 

 

クロマグロの値段

 

過去の高額なクロマグロ 200kgを超えたの値段は
2013年一匹あたり1億5540万円にもなりました。

大間のクロマグロはよくニュースなどで値段がでているので
知っている方も多いでしょう。

キロあたりの値段で比べても他の高級魚と比較しても
ずば抜けている値段です。

2013年通常の年に比べてかなり高額になったようです。

 

クロマグロの初セリのキロあたりの値段

2008年:2.2万円
2009年:7.5万円
2010年:7万円
2011年:9.5万円
2012年:21万円
2013年:70万円
2014年:3.2万円

参考ページ

https://www.nikkansports.com/

 

 

ハマダイ(アカマチ)の値段

ハマダイ(アカマチ)の写真画像

By: t-mizo

ハマダイは沖縄ではアカマチという名前でよく売られている
体長70cmに達することもある大型の高級魚。

刺身に向いている高級魚、白身で歯ごたえのある魚。
真鯛の代わりにも使われることがあるようだ。

通販で沖縄県産のものがよく販売されている。

1kgあたり7000円前後といった所。

 

 

シロアマダイの値段

 

漁獲量はすくなく、幻と称されることもあるような
高級魚の一つ。

首都圏などでは高価な値段でkgあたり1万円程
値段で取引されることもあるよう。

 

シロアマダイはやや真鯛などに似ている所があるが
一度名前などを見たら覚えやすいような特徴のある魚。
頬には小さく鱗があるのが特徴。

日本で流通しているアマダイの種類にはキアマダイ、アカアマダイ、シロアマダイ
とあるがシロアマダイの値段の値段が一番高い。
やはり値段と比例してシロアマダイがかなり美味なようだ。

 

ホシガレイの値段

カレイであるが、70cm程の大きさにもなる高級魚ホシガレイ。
名前は鰭にある黒い点がついているのが由来。
大きいサイズのほど美味で値段も高くなる

 

通常カレイといったらヒラメに値段は負けているが
ホシガレイはヒラメより高価な時があり
値段は1kgあたり1万円を超えることもある。

非常に歯ごたえがよい魚でほどよく脂がのっていて甘味を
がある。

天然ものは幻と呼ばれることも多い魚のようだ。

 

鮭児(ケイジ)の値段


(写真は鮭の画像)

 

秋ごろからよく売られる鮭の中で1万匹に一匹の割合で捕られる幻の
高級魚。

料理方は刺身があっていて、柔らかい触感で、脂身が濃厚で非常に
美味な魚。

鮭児(ケイジ)高価な時の値段は
2002年に羅臼市場セリ値で 1kgあたり32,000円を記録し
1匹で10万円を超えたようだ。

 

 

クエの値段

クエの画像

By: ume-y

 

体長80cmを超えるものがいる、時に体長1mを超える
大きいものであれば、40kgの重さになる。

クエは数キロのものに成長するまでにかなりの年月
かかるのでそれほど多くは取れません。

釣りなどのテレビ番組でも「巨大クエを狙え」みたいな
タイトルがやっていたりしますが、巨大クエを数日狙ってもあたりすら
ないみたいなものもやっていたりしました。
それほど大きいサイズのクエは釣りづらいのでしょう。

 

クエはサイズが大きいものでないとあまり美味ではない。
高級魚とされるのは10kg以上するものになる。
相場が高い時の値段はキロ15,000円がつく場合もある高級魚。
ハタの種類の中では一番美味とされている魚。

これが小さいサイズ5kgぐらいの個体になると値段はかなり
落ちるようです。

呼び方は地方によってことなる、クエと呼んでいたのは高知県、大阪、和歌山がもとで
三重県ではクエマス、和歌山県でキョウモドリ、下関でアラと呼ぶことも
あるようだ。

 

 

アコウ(キジハタ)の値段

キジハタの全身

アコウ(キジハタ)は最大60cmになる魚、流通されているものは30cm
ぐらいのものが多い。
上で紹介したクエが属するハタと同じような種類。

長崎県でアカアゴ、アカアラ、
富山県魚津でアカラ、
和歌山県田辺でアズキアコウ
などと言われている。

身も非常に絶品だが、アラからも最高のダシが出るようで
鍋ものなどによい。

 

小さいサイズのものは安くアコウも他の高級魚と同じように
大きいものほど高価な値段で取引される

1kg~1.5kのもので1万円ほどで売られることが多い。

 

ノドグロの値段

アカムツ(ノドグロ)の画像
出典 – 長崎県水産部ホームページ

 

名前の通り喉が黒いのでノドグロと名前が付けられて
いる高級魚。
正式な和名はアカムツ、実際には高級魚で取り扱われるときは
ノドグロの方が多い。

最近よくテレビなどで取り上げられて有名になってきている
高級魚。

元がそれほど大きい魚ではないのでキロ単位の魚はいない。

しかし、600g以上の魚でおおよそ1万円程度で販売されている
ことがあり
キロ単価に計算すると、だいたい1万円数千円~2万円ぐらいになるので
ノドグロもかなりの高級魚であることがうかがえる。

 

高級魚の値段 まとめ

 

高級魚の値段をピックアップしてまとめて
おきました。
一般的な時の値段でなく、旬の相場が高い時の値段です。

 

(すべて1キロ単位の値段)

  • クロマグロ 70万円
  •  

  • ハマダイ(アカマチ) 7千円前後
  •  

  • シロアマダイ 1万円
  •  

  • ホシガレイ 1万円
  •  

  • 鮭児(ケイジ) 3万2千円
  •  

  • クエ 1万5千円
  •  

  • アコウ(キジハタ) 1万円程
  •  

  • ノドグロ 1万円数千円~2万円

 

 

高級魚の値段 MAX『1億5540万円』も他の魚は?と同じカテゴリ

 

高級魚の値段 MAX『1億5540万円』も他の魚は?を見ている人は他にこんなページもみています

冬のサビキ 釣れない原因は
冬のサビキ 釣れない原因は

日本の冬は寒い、非常につらい寒さの中で釣りとなるので釣れない坊主ととなるとさらに精神的に厳しい釣りとなります。少ない休みを使い時間を割いて釣りに行く方などはできれば何かを釣りたいということでサビキを選択する方もいると思います。冬であれば、月月などは本来であれば釣りは休業としたほうがいいような気もしますが。釣り吉ならば、月に、度ぐらいは釣りに行きたくもなります。この時期は船で沖へ行く釣りも大物が狙え……

アジの寄生虫と対策
アジの寄生虫と対策

アジに寄生するとされる寄生虫アニサキスウエノオ擬嚢尾虫に関してまとめてみました。漁獲量が多く、よく鮮魚コーナーでも手頃な値段で売られるアジ、あまり寄生虫がつかないと思われがちですが寄生するような種類が少しいます。アジの寄生虫ウエノオフナムシなどの仲間とされる寄生虫の一つ。主に魚の舌や、エラなどにとりつく寄生虫、見た目はシャコエビのような姿これが出てくるとかなりキモイ。前からみるとまるで小型のエーリ……