魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚

簡単に手に入る『サバの切り身』、『サンマの切り身』、『アジの切り身』
を餌にして釣れる魚の一覧を写真付き簡単に紹介しているページです。

 

ここで紹介する魚は
『サバの切り身』、『サンマの切り身』、『アジの切り身』以外の切り身でも
よく釣ることができます。

 

飲み込むかは別として、生の素材ということで、わりと草食の魚
以外の魚であれば、つつくなどして反応してくる感じです。
底に落ちている餌を食べる魚などはかなり釣りやすい魚も
多いです。

 

サビキで釣れる魚などもかなり多く釣れた時などは、捌くのも面倒かと
思いますので、ある程度残して切り身の餌として使うのも
いかがでしょうか。
サビキでよく釣れるアジ、サバ、イワシなどはすべて餌として使うことができます。

 

 

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 ウキ釣り

 

マダイ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 マダイ(真鯛)の画像

 

大きいサイズは主にタイラバなどで船で釣る魚。

『サバの切り身』などがよく釣りでは使われる魚です
堤防などからでも釣れますがなかなかいいサイズが出ませんね。

 

 

サバ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 サバの画像

タチウオの外道みたいな事で釣れることがややあります。

『サバの切り身』にもかなり好反応を示します。
50cm近くの大きいものでしたらいいのですが割と小さいのでも
よく釣れます。

大きいサイズのものはなかなか旨い魚なのでいいですね。
締め方にもよるかもしれませんが市販されているサバよりも
かなり旨いと思います。

 

タチウオ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 太刀魚(タチウオ)の画像

 

タチウオ釣りでは、よく『サバの切り身』、『サンマの切り身』
利用されます。

釣り具屋でも冷凍で売っています。

切り身には一切反応せずに、キビナゴのように一匹まるまるの餌
にだけ反応するという日もよくあります。
べた凪の時が多いような気がしますね。

 

タチウオの切り身でも釣ることができます。
尻尾近辺の身の少ないような部分は食べてもいまいちですので
節約家の方は餌として再利用してみてはどうでしょうか。

釣った時に、よく尻尾をかじられているようなタチウオがいますが
他のタチウオにかじられることもあるようです。

 

スズキ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 スズキの画像

 

 

魚の切り身で釣ることもできるようです、しかし
もともと釣るのが難しい魚なので本命で
切り身を使うのはさらに難しくなるのであまりおススメできません。
餌で狙うのであれば基本は虫エサでしょうか。

 

 

カマス

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 カマスの画像

 

 

カマスもいろいろな切り身で釣れますが、それほど
大きい魚ではないので、細目に切り身を使う必要があります。

カマスはルアーで簡単に釣れるのでこちらがおすすめです。

 

 

サワラ(サゴシ)

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 サゴシの画像

 

おもに切り身では、サゴシと呼ばれる若魚のほうがよく釣れます。

タチウオを釣っている時にまれに釣れることがある魚。
サゴシはかなりタチウオ釣りの餌取りをしています
胃袋が色付きのキビナゴでぱんぱんになっている時もあり(笑)

 

 

ブリ(ツバス)

 

切り身では若魚のツバスがよく釣れます。
いるところでは餌を投げた瞬間にすごい勢いで寄ってくることもあり。

ルアーのメタルジグなどで釣るほうが一般的ですね。

 

カンパチ(シオ)

 

こちらも切り身では若魚のシオがよく釣れます。
主にこちらもブリとにたような感じ。

 

 

 

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 ぶっこみ釣り(底狙い)

 

クロダイ(チヌ)

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 クロダイ(チヌ)の画像

 

 

 

クロダイは切り身であれば、サバ、サンマ、アジ、イワシ、タチウオ、カマス
など、魚の切り身であればほぼ反応を示します。

ウナギやアナゴを狙っている時の外道としてクロダイが良く釣れます。
都市部の河口などでは数が多いのでマズメには面白いように掛かります。

クロダイは雑食でなんでも食べる魚なので、都市部のものはかなり嫌がられる
魚の一つです。

大きさの割にはほとんど身が取れませんね
正直魚体の1/3ぐらいしか身がないような。

 

キビレ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 キビレの画像

 

 

汽水に生息するクロダイと似たような魚、同じような切り身の餌で釣れます。

キビレは派手な色にいい反応を示します。
ルアーのホッパーなどで釣る場合も、キビレの場合はクロダイに比べて
派手な色のほうが釣れやすいです。

なのでおそらく、切り身として使うものもギラギラと目立つような
感じのもののほうが良いのではないでしょうか。

 

ヒラメ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 ヒラメの画像ヒラメの画像

By: Shinji

 

 

切り身でも釣れるようですが、ヒラメはどちらかというと
動いているものに反応することのほうが多いようなので切り身で釣るのは
難しいです。

 

マゴチ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 マゴチの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

ヒラメの外道マゴチ、こちらは切り身でまだ釣れやすい魚です。
よくいるようなポイントに投げてそのまま待っておけばいいので
結構楽です。

 

 

エソ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 エソ

 

外道としてよく釣れるエソ、こちらも切り身で釣れる魚です。
『サバの切り身』、『サンマの切り身』などを使って、明るい時間帯
に釣れます。

見た目はいまいちですが、味はそこそこです。

 

 

 

ハモ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 ハモの画像

 

 

めったにないことですが、タチウオの外道として釣れることもあるようです。
タナを落としすぎた場合などでしょうか。

食品として売られているのを見ればわかりますが小骨が多く
かなり捌くのが面倒なので、食すのは面倒なよう。

 

 

ウナギ

 

 

 

『サンマの切り身』などで釣れることもあるようですが、数が少ない
上に魚の切り身は他の餌取り取られる可能性が高いので。
特定の餌を使ったほうがいいですね。

 

 

アナゴ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 アナゴの画像

 

『サバの切り身』、『サンマの切り身』、『アジの切り身』など
釣れます。

いる場所を見つけるのが難しいですが、アナゴもまだ
切り身で釣れやすい魚の一つです。

 

 

 

カサゴ(ガシラ)

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 カサゴ(ガシラ)の画像

 

 

どこにでもいるので切り身では釣れやすいです。
カサゴはほとんどの魚の切り身に反応をしめしてきます。

カサゴがいれば堤防の際などに切り身を落とし込んでみれば
まず反応が出てくるはずです。

 

メバル

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 メバルの画像

 

テトラなどの所によくいます、メバルもカサゴのようにかなり
どこにでもいる根魚の一つ。

視力がいいので、細目のハリスを使い切り身で釣ります。

 

ソイ

 

ソイも餌釣りだと、切り身で釣る魚。
夜行性なので夜釣りが一般的です。

 

アイナメ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 アイナメ
出典 – https://ja.wikipedia.org

 

根がよくあり、仕掛けをロストしやすい所に潜んでいます。
根魚の中では昼もつれて、大きいサイズもいるので
魚の切り身で狙うのもなかなか面白いですね。

 

 

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 外道

 

ボラ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 ボラの画像

 

でかいと引き上げるのが面倒な魚、頭の部分がすごく重たいです。
まだ釣ったことがない人は一度捌いてみれば、なぜ嫌われているかと
いうのがわかるはずです。

 

 

フグ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 フグの画像

 

どの魚の切り身を使っても、どのタナでも食いついてきます。
汽水域や排水溝があるような所によく生息しています。

 

ゴンズイ

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚 ゴンズイの画像

 

アナゴの外道で出る場所ではよく出ます、小さいのにかなり
危険な魚ですので要注意。

針にかかっても引きはあまりありません。

 

『サバの切り身』、『サンマの切り身』、『アジの切り身』の赤バージョンに
漬け込むことができます。食いつきがよくなるのでオススメ。

 


魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚と同じカテゴリ

 

魚(サバ,サンマ,アジ)の切り身で釣れる魚を見ている人は他にこんなページもみています

ルアーフック(釣り針) 面倒な錆の防止方法など
ルアーフック(釣り針) 面倒な錆の防止方法など

錆びると交換が必要になり他のルアーにまで移ってしまう面倒なサビそんなやっかいな、フックの錆に関しての情報をいろいろとメモしておきました。ルアーフック錆ても釣れるのかルアーのフックは錆の度合にもよるが錆びても釣れることは釣れる。しかしフックが錆びることによってスプリットリングも錆が生じてきているはずなので動きは悪くなる。錆があたえる影響としては、フックの先端の鋭さがなくなりフッキング率が悪くなる。こ……

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……