魚へん 冬 鮗

魚へんに冬 コノシロの画像

出典:長崎県水産部ホームページ

ニシン目ニシン科の魚、ニシンなどは
比較的有名な魚

 

コノシロの体の特徴は黒い
斑点があり、腹は白い。他には背びれ大きく伸びる。
ママカリで有名なサッパ(拶双魚)に姿がよく似ている。

 

食用としては、関東方面で寿司の材料として
コハダと称して食べられる
のが有名。
大阪の寿司にも使われていた経緯があり。
バッテラは元はサバではなく、コノシロを
用いて作られていた事もある。

 

サバを用いるものに大阪のバッテラがある。これは明治中期に考案されたもので,コノシロの片身を用いた形が小舟のようだというのでオランダ語でボートの意のバッテラと呼ばれるようになり,その後コノシロの値が上がったのでサバに変えたものである。

出典 – 世界大百科事典 第二版 すし(鮓∥鮨)

 

ブリの画像
(出世魚で有名なブリ)

コノシロもブリなどと同じく出世魚の一つで
コハダという名前は成長の2番目で
呼ばれる名前。

コノシロ 出世魚(成長過程)の呼び方は

 

関東
シンコ⇒コハダ⇒ナカズミ⇒コノシロ

関西
ツナシ⇒コハダ⇒ナカズミ⇒コノシロ

 

 

魚へん漢字でコノシロを表記する場合は

 

魚へんに冬 鮗

魚へんに祭 鰶

魚へんに傭 鱅

魚へんに制 鯯

 

鱅、鯯などの漢字は中国で
使われる。
日本では一般的には 食品や釣り寿司では鮗が
使われることが多い

 

コノシロの漢字として一番早く魚へんに祭 鰶
表記され始めた

『新撰字鏡』(平安時代)
『和名抄』(938年)

などに 鰶が記載されている。

コノシロ 魚へんに冬,祭

 

主に、子どもの健康祈願や武士の切腹の際の供え物などに
用いられた魚そのあたり漢字の由来があり。

子の代とも書かれ、これは幼児の身代わりとも
いう意味
があるようだ

 

平安時代に下野国司が長者の娘を望んだが,娘には別に思う人があるので長者はいつわって娘が死んだといい,棺にコノシロを入れて焼き,死者を火葬したように見せかけて国司の所望をことわった。ゆえに〈子の代〉であるという話をのせた書物があり,下野の室の八島の故事として《おくのほそ道》などもこれをひく。実は《物類称呼》にのせ,奥羽の北部や四国宇和地方の一部に伝承されるように,もとは幼児の死にこの魚を添えて葬れば子どもが生まれ代わってくるという俗信からきている。この魚はとくに生臭いので,西方浄土に死児の魂がいってしまわずに再来することを望んで,仏教のいましめに反してわざと生魚を添える風習を生じたものであろうと解される。この慣行が,その行為のすでに忘れられた京阪地方で,コノシロが子どもの身代りになるという物語の題材となったと考えられる。                   千葉 徳爾

出典 – 世界大百科事典 第二版 コノシロ

 

魚へんに冬 鮗の由来

 

いまいち詳しい出典など、資料が見受けられなかったが
学研日本語大百科事典に表記あり。
冬が旬であるので、魚へんに冬と表すようだ。

確かにコノシロは冬に大量に捕れ、旬であることもあるので
記されたと単純には考えられそうだ。

 

《意味》
このしろ。海にすむ魚の一種。背は青く、黒い斑点(ハンテン)が並び、腹は白い。
《解字》
会意。「魚+冬」。冬のころが、しゅんになる魚であることをあらわす。
《解字》

出典 – 学研日本語大百科事典 鮗

 

魚へんに 祭 鰶の由来

 

コノシロは祭りなどで伝統的な使われ方をしていた魚
お供え物に使われ、昔はあまり食用とはされなかった。

武家では、武士の切腹の際の供え物などに用いられた。
「コノシロ(此の城)」を食べるということに
つながる為にあまり食されなかった。
このあたりがコノシロの語源のようだ。

 

『本朝食鑑』(1697年)には、狐の好物であるとされ、お稲荷様に
コノシロを供えて祭る風習があったと記されている。