魚へん 雪

魚へん雪と書いて「鱈」 タラという魚の漢字。

 

日本近海に生息するタラには3種類がいる。

マダラ、コマイ、スケトウダラの3種
鱈(タラ)と一般的にされるのは真鱈の事
指すことが多い。

真鱈の特徴

 

真鱈は分布は日本では、日本海側では山陰以北
太平洋側では茨城県以北、東北、北海道からオホーツク海。
北方の地域で捕れる魚とされている。

 


真鱈(マダラ)の画像

下あごにはひげがあり、姿は少しナマズの
ような感じで、底生性の魚。
それほど大きく回遊することもなく、狭い範囲で生息する。
白身魚というものは大部分が、大きく回遊することもなく狭い範囲内で
生息する魚が多い。

 

よく売られている魚なので知っている方も
多いと思うが真鱈は煮ても焼いても味が美味な白身魚。

 

ちなみにたらこは

真鱈の卵でなく、スケトウダラの卵を利用し塩漬に
したもの。
真鱈の卵は「生たらこ」として市場に生のまま売られる。

 

マダラは地方では以下のように呼ばれていた

  • タラ、ホンダラ(福島)
  • アカハダ(兵庫)
  • マイダラ(富山)
  • スイボオ(石川)
  • アラ(長崎)

 

 

タラ 鱈の語源は

 

「まだら也。其の皮少しまだら也。まの字を略す」

『日本釈名』

から まだら斑⇒タラになっったとされている。

 

真鱈の体にある不規則な褐色の斑(まだら)模様がタラの
語源とされている。

 

 

タラの画像

写真のように真鱈の体には褐色の斑点で
彩られている。

ちなみにこの真鱈は貪欲で腹部が大きく膨らんでいる様子から
「たら腹食う」ということばが生まれたようだ。

 

鱈の漢字 魚偏に雪と書く由来

 

古くは 『延喜式』『和名抄』

などをあたってもタラは出てこない。

 

「冬月初雪の後に当りて必ず多くこれを採る。故に字、雪に従ふか」

『本朝食鑑』

真鱈の分布は上にも書いたように北方の地域の魚。

日本の冬場、雪の降る海でとれることも多い為
雪が降る季節になってとれる魚として
魚へんに雪が字が充てられてということが言われている。

 

他には出典は明らかではないが、雪のように
白い肉
ということから
魚に雪と書くようになったという説もあるようだ。