魚へん 付 鮒

漢字は魚へん付と書いて「鮒」フナ

 

鮒 フナの特徴

フナの画像

淡水魚ではごく一般的に知られる魚で
池や川などにいる魚といったらフナを思い浮かべる
人も多いはず。

 

種類は、ギンブナ、クロブナ、キンブナ、
ゲンゴロウブナ(ヘラブナ)、ニゴロブナ

などがいる。一般的には多くみられるのはギンブナ。

釣りではゲンゴロウブナをヘラブナと呼び
よく釣りの対象魚となる。

 

フナの植性は雑食性で、ユスリカなど昆虫類の幼虫やイトミミズ
やわらかい水草などもよく食べる。

 

食材への利用に関して、フナは淡水で濁ったような場所を
好む魚で、寄生虫がよく付いていてあまり食べられることは少ないが
琵琶湖などではフナずしというニゴロブナを使って
つくるすしが有名
、独特の酸味とにおいがあり。

 

余談で向田邦子の短編小説に「鮒」と
いう作品がある、鮒がキーポイントに
なる作品で、うまく溶け込んで面白い作品。

 

鮒 フナの名前の由来は

 

まず名前の由来の一つに、煮ると骨が柔らかく
ほとんどないようだということから

骨なし⇒ホとフ(ネを略す)⇒フナ

 

「煮て食するに、骨やはらかにしてなきがごとし。
骨なし也。ホとフと通ず。ネを略す」

『日本釈名』

骨なしが名前になったという説。

 

また

「鮒魚をフナといひしも、其の字の音と訓とを合わせ
呼びしと見えたり」

『東雅』

などから鮒魚を重箱読みでフナ
よんだという説もある。

 

 

鮒の漢字 魚偏に付と書く由来

 

昔は、メダカなどのように日常的に
よく見られる魚で、よく親しまれていた魚。

鮒という漢字は古くは万葉集などからすでに
登場
する。

 

 

鮒の漢字の由来は

①くっ付くほどに群れで泳ぐ姿。

②水草に並んでくっ付く卵の姿。

などから、 魚偏に付と書かれたという。
フナという魚の特徴をとらえた語源説。

 

「此の魚は旅行し、沫を吹くこと星の如く然り。
則ち相即くを似てこれを(せき)と謂ひ、相附くを似てこれを
鮒と謂う」

『俾雅』