Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 伏・甬

魚へんに甬と書いて「鯒」
伏と書いて「鮲」

どちらもコチという魚の漢字
昔「鮲」が使われていて、その後
「鯒」が使われている。

 

 

コチ の特徴

 

平べったいような、海底に生息する魚。
マゴチなどはヒラメの外道でよく釣れる。

ネズッポ、ネズミゴチなどもコチと呼ばれる
こともある。
ネズッポはノドクサリといい、のどから腐り始める
のが特徴がある。

コチは夏~秋頃によく沿岸部では捕れることの
ある魚。

餌を取るとき基本的に砂の中にもぐり、眼だけをだして
小魚が近づくと食らいつく。
この特徴から疑似餌でもよく釣れる。

味に関しては、旬は夏で
白身魚で肉の食感がよく歯ごたえがあり
美味、フグの代用品
とも使われる魚。

 

コチの語源

頭は大きくて骨板に包まれ、小さい突起がある。
全体的に骨ばっていて料理するときに骨
を切るのに手間がかかる魚。

 

『和漢三才図会』に

「骨鬛甚だ堅し。肉中また堅骨あり。誤りて鯁を咽めば
即ち脱し難し。庖人腹より斜めに切れば則ち骨少なし」

 

骨があり捌いたり、料理したりするときに
工夫がいる。

コツ(骨)⇒コチ

硬い骨の特徴をとらえて
コチという名前がついたという説がある。

 

「鮲」の漢字 魚偏に伏と書く由来

魚偏に伏というものは
そのままコチの姿見た目から来ている。

「伏」は
ふせる(ふす)。からだをぴったりと地につける。ひれふす。
などの意があり。

 

コチの海底でぴったりと地についている
ような様子から伏がつけられたとされる。

 

「鯒」の漢字 魚偏に甬と書く由来

 

まず、コチは扁平である姿から

甬などにみたてられて「鯒」
つけられたという説。

 

もう一つは、甬が鐘の柄を意味していて。
コチの姿が鐘の柄のような形の魚だからという
説がある。