魚へん 元 魭

漢字は魚へん元と書いて「魭」ウミガメ
中国で使われている漢字で、日本では海亀と
書くのが一般的。

 

魚へん元 ウミガメの特徴

よく知られ、水族館などで見られるのはアカウミガメ
日本でも屋久島あたりでは産卵シーンが見られる。

 

淡水の亀に比べると、海水に棲息する亀
というのはかなり数が少なく

世界の分布するのは全8種類しかいない


タイマイ
ヒラタウミガメ
ヒメウミガメ
ケンプヒメウミガメ
オサガメ
アオウミガメ
クロウミガメ
アカウミガメ

など。

 

これらは絶滅危惧種も多い。

アオウミガメが海藻がおもに主食で
他のウミガメは雑食性。

 

テレビなどで放送されるので知られている
ことも多いと思う、ウミガメの卵から
生まれて、子ガメは海鳥や魚の
餌となり、成長するのはきわめて少数しかいない

 

人間は海の生態系を崩すような行為を行い
続けているので、それがなければ
ウミガメ自体や天敵の餌も豊富で生存率も
もっと高くなるはず。

ウミガメはフランスでは高級食材として使われるようで。

 

日本でも昔は卵を普通に食べていた。
なかには、これをとって売りさばいて
いた奴も居たようだ。

 

魭の漢字 魚偏に元と書く由来

 

魭の漢字がウミガメに使われているのは
そのまま甲羅などの姿の特徴を捉えて

 

魭の漢字の
元の字の意味には

《意味》
「名詞」こうべ(かうべ)。まるい頭。「勇士不忘喪其元=勇士は其の元を喪ふを忘れず」〔孟子・滕下〕
「元元(ゲンゲン)」とは、まるい頭をした者の意から、人民をさす。「読書本意在元元=読書の本意元元に在り」〔陸游・読書〕
「名詞・形容詞」はじめ。はじめ。はじめの。▽頭は、人体最上の所だから。「元年」「状元(殿試の首席)」

丸いというような象徴的なイメージ
含まれている。

 

ウミガメの姿が、主に甲羅が丸いということで
この字があてられたとされている。
ウミガメは甲羅以外も、四肢が櫂(かい)状に扁平となっているので
イメージ的によくあっているように思える。


(写真のように手足も丸い)

魭はウミガメ以外にも、「鼈」や「鱉」と同じに
すっぽんや、角がなくて円満という意味もある。