魚へん 入 魞

漢字は魚へん入と書いて「魞」えり

 

魞 えりの特徴

 

魚偏を書くが魚ではなく、魚を捕える為の
仕掛けの一種

河川、湖、沼などの通路に竹簀を設置して
さかなを誘導して捕える。

 

魚偏の漢字にはこのような、魚ではなく
水辺の生物や魚にまつわるようないろいろな物にも
漢字がつけられている。

 

「えり」という仕掛けは、元は中国のものとされ
中国の東北部に迷封(ミーフオン)と呼ばれる「えり」と
同様のような仕掛けがあり、これが日本に伝わったもの
とされている。

中国以外でも東南アジアの各地にも普遍的にみられる。
日本でのえりでは琵琶湖のものが有名で鮎を
捕るときによく使われる。

 

えりで魚をとらえる方法は冬の農閑期に湖岸の
各地を、特定のえり師とよばれる技能集団が設置していた。

 

水位の変化の少ない遠浅の海岸などで自給用の魚を
捕える為の漁法
だったと考えられている。

 

魞の漢字 魚偏に入と書く由来

 

この漢字は中国から伝わった漢字では
なく日本でつくられた「国字」
よばれるもの。

魚偏の漢字などは日本では
意味が読み違えられて、よく間違った魚と
勘違いされてつけられたりもする。

 

魞(エリ)の仕掛けの画像

出典 – 世界大百科事典第二版 魞

「えり」という仕掛けは一般的に岸から直角に
沖の方へ竹簀を並べて、最後の部分を逆V字型
に設置した
定置漁具の一種。

岸にそって仕掛け付近に回遊してきた魚が「ハリズ」と呼ばれる
竹の障壁にぶつかり誘導されて、最後の部分を逆V字型
の狭い「ツボ」という部分に入り込み、出れなくなる。

 

このように魞の由来は魚を「入れる」為の仕掛けで
特徴どおりにつくりに「入」
付けられた。

 

この仕掛け、覚えると簡易的なものであれば
作れるのでサバイバルなどの時などにも使えそうな仕掛け。
無人島に閉じ込められたときなどは是非。

 

えりの設置場所にあたっては昔、権利争いなども
多かったようだ。