魚へん 制

漢字は魚へん制と書いて「鯯」サッパ

また、コノシロを表す漢字

コノシロに使われていた漢字は多く

魚へん制 「鯯」
魚へん冬 「鮗」
魚へん祭 「鰶」
魚へん傭 「鱅」

などの漢字がある。

 

サッパは「拶双魚」などとも
書かれる。

 

魚へん制 サッパの特徴

 

日本、朝鮮、フィリピン、マレー半島に分布。
イワシ類の仲間でサッパの姿は
コノシロと非常によく似る

 

サッパの画像

出典:長崎県水産部ホームページ


コノシロの画像

出典:長崎県水産部ホームページ


(上写真 サッパ、下写真 コノシロ)

違いは背びれが糸状に伸びないなど
と特徴はあり。

 

日本では瀬戸内海沿岸部でよく獲れ
岡山県倉敷市の名産品の「ママカリ」
いうものはこのサッパから作られている。

ご飯と一緒に食べるとあまりのうまさに
「ご飯」が足りなくなり、借りてしまうことから。
「飯借り」⇒「ママカリ」というふうに
呼ばれるようになったよう。

 

腹部のウロコが固く、大阪や高知県などでは
ハラカタという呼び名もある。

大量に獲れるが、小骨が多いためか市場価値は低く
雑魚として扱われることも多い。
関東方面では、コノシロが人気があり、サッパはあまり
好まれないようです。

 

魚へん制 サッパの語源の由来

 

語源の由来はコノシロとの関係性から

コノシロと比較してサッパは

「味がさっぱり」していると
いうことから名前がついたとされ説がある。

『大言海』

 

鯯の漢字 魚偏に制と書く由来

 

サッパはコノシロとの違いは
オスの背びれが糸状に伸びない
体長も小さいなどと特徴はあるが

サッパは「コノシロと非常によく似ている」

そのために同じ漢字が用いられたと
考えられる。

 

本来、中国では鯯の漢字はエツという
魚で、日本では間違ってつけられた漢字
とされている。

エツの絵

 

エツという魚だと、魚偏に制があてられた
由来にあてはまる。

エツの姿はナイフのようにとがっていて
身をそぎ落としたように細いような姿

「制」は余分なものを削ぎ落とす
という意があり、姿と一致するような
漢字にあたる。