Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 危 鮠 鰷

漢字は魚へん危と書いて「鮠」ハヤ
または「鰷」とも書かれていた。

鮠は、ハヤ、ハエなどどちらとも
呼ばれることが多い。

 

鮠 ハヤの特徴

 

ハヤという固有の魚は存在せず
地方などでは、「オイカワ」や「ウグイ」
という魚の事を
ハヤと呼んでいる。
どちらもやや姿が似ている魚。

 

オイカワ

オイカワなどは西日本ではハエまたはシラハエと
呼ぶところが多い。

オイカワは琵琶湖周辺での繁殖期の雄を指す
方言に使われていた。

姿の特徴

  • しりびれが長く大きい(繁殖期の雄が特に)
  • ウグイより体が左右に平たい
  • ウグイよりうろこが大きい

 

 

ウグイ

ウグイの画像

ウグイについては関東ではハヤ、ホンバヤなどと
呼ばれる。

姿の特徴

  • オイカワよりうろこは細かい
  • コイ科だが口ひげはない

 

 

ハヤ(鮠)の語源

ハヤの名前の語源は所説あり。

 

まず、魚の泳ぎが早いからハヤだという
説が『和漢三才図絵』に。

泳ぎが(ハヤ)い⇒ハヤ

 

次に、虫のハエを好んで食べることから
ついたという説が
『物類称呼』に記される。

ハヘ⇒ハエ⇒ハヤ

となっていったとされる。

 

オイカワやウグイについてもよくハエなどの
虫を食べていて、似たような毛ばりの疑似餌で
釣られる
こともあり。

この説が魚の特徴などをよくとらえて
いるので、一般的。

 

鮠の漢字 魚偏に危と書く由来

 

鮠」や「鰷」ともに日本人が魚を読み間違えた
漢字
とされている。
どちらの漢字も由来は、中国の魚という事になる。

 

はじめに、「鮠」は

ギギ科の淡水魚、中国名は「長吻鮠」という魚に
生物学者に同定されている。

名前の通り吻(口の先)が長く、ナマズのように
ひげがついている。

「鮠」の語源はこの魚の特徴をとらえて
吻が突出する形をつくりの「危」のイメージ
作られた漢字。

 

次に、「鰷」に関して

中国原産のコイ科の淡水魚で、細長い姿、頭がとがっている
で15㎝ほどにまで成長する。

カワイワシと名付けられている。

この魚の語源については『碑雅』に記載されている

「形狭くして流し。条(木の枝)のごとく然り。
故に鰷と日ふなり」

 

昔の日本ではこのような情報から間違って
「鰷」の漢字をセイゴ、アユ、ハヤなどの魚と
読み間違えたようだ。