魚へん 参 鯵

魚へん参と書いて漢字の「鯵」あじ
40種程が日本近海に生息する。

鯵の特徴

よく水揚げされるのは、マアジ、ムロアジ、シマアジ

 

シマアジ(縞鯵)

鯵の中では一番味がいいとされている、大型で全長1m 10㎏に達する。
房総半島あたりからの南の温かい場所にいることが多い。
島でとれることが多いので島アジという名前が付いた説もあり。

 

ムロアジ(室鯵)

マアジより筒型で、背は黄緑色、夏が旬で美味。
近縁に、くさやで有名なクサヤモロがいる。

 

マアジ(真鯵)

日本近海で一番よく捕れる鯵。
日常的にスーパーなどでよく見かけられるのはマアジ

 

漢字の鯵を指しているのは日本近海で一番
良くとれるマアジの事

マアジの中でもクロアジとキアジという個体の
違いあり、キアジのほうが美味とされています。
旬の時期に何度も釣って食べ比べてみたが
確かにそのように思えます。

 

クロアジ
キアジ
(上 クロアジ 下 キアジ)

クロアジとキアジは生態もことなり、クロアジは
沖合を回遊しますが、キアジはそこまで大きく動かず
沿岸沿いに留まる。
アジ釣りでいればキアジは居つき型などと呼ばれることもあり。

 

キアジは冬でもよく釣れるので
冬のアジ釣りにはかかせない存在。

 

 

鯵 アジの名前の由来

 

アジの名前の語源は
実に簡単に、「味が良い魚=アジ」
いう風に名前になったと言われている。

 

 

「アジとは味なり,その味の美をいふなりといへり」

新井白石が『東雅』で述べている。

 

味がいいからということで
鯵はシマアジのことを指していたのではと考えられそうですが
それはなさそうです、昔の記録を見るとシマアジ(島鯵)は不味いなどと
されています

「味は佳よくない。もっとも下品である」

『本朝食鑑』

「味は劣る」

『大和本草』

 

 

魚は他にも沢山あるのに何故あの平凡な味の魚が

味が良い魚=「鯵」
なのかと思う人も多いはず。

普段よく売られているような旬の時期でない余り脂身の
のっていないような小鯵であれば
たしかに、他の魚とたいして変わらない
いや寧ろ他の魚のほうが旨いというものも多いでしょう。

春頃の旬のアジ
春頃の旬の時期にとれるしっかりと脂身の
のっている
(背の付近にしっかりと多くの脂身が詰まっている)
40㎝前後の真鯵を塩焼きの味。
あれは絶品です、よくとれる魚の塩焼きの中では群を抜いて
美味いと思える味です。

本当に旨い真鯵というものを食べてみれば
あながち、この語源というのもおかしくないなと思えます。

 

鮮魚店で買ったものは、美味くなるような締め方や下処理を
していない場合があります、信頼できる店なら別でしょうが
割と安いような所は駄目な場合も多いです。
特に産地が遠い場所の場合、鮮度はあまりよくないことも。

鯵は目が黒っぽく光り、生き生きとしているものが
鮮度がよく、鮮度が落ちると白っぽく濁ってきます。

 

鯵の漢字 魚偏に参と書く由来

 

アジの名前の由来は単純でしたが、漢字の場合の
参と書く由来はいろいろと説があり。

 

まず、名前の語源ところにも書きましたが
鯵は春頃が旬の時期、一番おいしい季節が旧暦の3月
ということで数字の「参」
が使われたという説

鰺の味が一番の時期ということで、あまりに
これも単純な感じがしますが名前の語源からすると
十分に考えられそうです。

 

マアジ(真鯵)の画像
(アジは群れでいるので沢山釣れる)

次に、アジは群れを成して泳ぐ魚ということから
参加・参集の参(旧字体は參)を利用したと考えられる説。
元々は鯵の漢字も旧字体の「鰺」という漢字が使われていた。

參=多くのものが入り混じるという意味と
魚偏に參を組あわせて、鯵という漢字に。

 

最後に、鯵は魚へんに喿(そう)の誤字であったという説
喿は「なまぐさい」という意を表す。

《解字》
形声。「魚+音符參(もとは操の右側の字だったのを書き誤ったもの)」。

出典 – 学研日本語大辞典 鰺