魚へん 取

漢字は魚へん取と書いて「鯫」ニゴイ
ミゴイなどとも言う。

 

鯫 ニゴイの特徴

 

分布は北海道を除く日本のほぼ全土。
淡水ならありふれたような魚の種類の一つ。

 

淡水域や汽水域のどの流域にも生息できる
ように環境の適応力は高い。
湖沼や大河川の中、下流域、さらに河口部の汽水域
にも下る。

 

 

ニゴイはコイと姿が似ている、違いは

  • 体が細長いこと

  • 口ひげが2本のみついている(鯉は4本)

  • 上あごが大きい(鯉は両方同じぐらい)

 

と割と見分けるようなポイントは多い。

 

姿見た目では真鯉はかなり太くなることも
多いので、細長いコイのような魚であれば
ニゴイである可能性はあり。

 

行動の特徴は昼間は物陰に身を潜めて、夕方ごろから
底にいるような魚や生物などを捕食する。
遡上する稚アユの群れを捕食することもあるよう。

 

ニゴイの地方名

サイ、セータ(関東)

マジカ(琵琶湖)

ミノ(青森県)

アラメ(長野県千曲川)

などの地方名もあり。

 

 

ニゴイの名前の語源

 

ニゴイもコイと同じように口の近くに
ひげが(2本だけ)ついていて。

 

その「姿が鯉に似ていること」から
名前が来ているという説が
一般的。

 

漢字二文字では「似鯉」とも書く。

写真のように鯉にも似ている魚。

 

 

鯫の漢字 魚偏に取と書く由来

 

ニゴイというのは他の魚とは違い、
骨の部位が多く
食材として使いづらい魚。

 

利用価値がなく、取る必要さえ
ないような魚という評価を受けていた魚
で。
そこが漢字の由来となっているようです。

 

中国では鯫は「卑しい」または
「小さい」などの意を含んでいて

 

「取るに足らない小人物」などと
されていました。

 

小人物を例えることから、逆に
自分を謙遜する場合にも使うこともあります。

 

このように魚の姿や特徴以外にも
割と利用する場合と関連付けて漢字が
つけられることもよくあります。