Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 叚 鰕(蝦)

漢字は魚へん叚と書いて「鰕」エビ

現代ではエビの漢字は虫偏の蝦や
海老の漢字
を使われることの方が多い。

 

 

鰕 エビの特徴

エビの種類 アカエビ(赤エビ)

アカエビ(赤エビ)の画像

食用とされる海水のエビだけでも
それなりの種類がいる。

クルマエビ
ブラックタイガー
アカエビ
アマエビ
ボタンエビ

サクラエビ
イセエビ
ウチワエビ
オマールエビ
アメリカンロブスター
アカザエビ
セミエビ

よく食べられるものは、クルマエビ
ブラックタイガー、アカエビ、アマエビ

エビは主に食べる時にみることが多いので
背がまるまった、赤いイメージなどの感じがすると
思う、由来もここから来ているものもあり。

 

エビの語源

エビの種類 イセエビ(伊勢海老)

イセエビ(伊勢海老)

 

エビは色が葡萄(エビカズラ)に似るので
そこから名前が来ているという説。
(新井白石)

 

また「餌になる尾のある生き物」ということで
餌(エ)尾(ビ)としたという説もあり。

『語源辞典・動物偏』(吉田金彦)

 

 

鰕の漢字 魚偏に叚と書く由来

エビの種類 テナガエビ(手長エビ)

テナガエビ(手長エビ)の画像

 

漢字の由来はエビの姿から来ているとされて
鰕の漢字のつくり、「叚」が
「覆った」という意味があり。

 

魚へん漢字講座には「からだを曲げる」という意味が
あると記されていたが、字源では見当たらず。

 

以下が叚という漢字の字源。

不詳(説文解字等。「又(=手)」は動作を表す意符であり、この他は「二」印のものを覆い隠す様を表す会意文字(藤堂)、山から切り出した磨く前の玉の原石(白川)などの説あり。「覆った」「本物でない」「余分な」「余計な」「一時的な」「(本物より)大きい」の意がある。「借りる・貸す」の意は「一時的にやり取りすることからか。」

出典 – https://ja.wiktionary.org/wiki/

 

エビの体を覆っている殻の特徴を捉え
魚へんに叚とされたよう。

 

ちなみに「海老」という漢字は、エビを茹でることで背が老人の
ように丸くなる所
から来ている。

 

どちらかといえば日本ではエビは祝いの席などで
みられることも多い食材。

『本朝食鑑』では長寿を祈願する食材として使われたことが
記されている。