魚へん 周 鯛

漢字は魚へん周と書いて「鯛」タイ
祝いの席でよく出される。縁起ものの魚。

 

鯛 タイの特徴

マダイ(真鯛)の画像

 

クロダイ、チダイ、キダイ、ヒレコダイ
などが一般的に料理に使われる魚では有名。

タイ類と異なる魚にまでも名前にタイと
つけられることがある。

 

真鯛は北海道から朝鮮半島、台湾、中国に
分布する。
大型になり成長すると1mに達する。
歯がかなり丈夫で固いものを噛み砕ける
ような構造で貝類なども容易に食べることができる。

 

4月~6月の産卵期にとれる真鯛は「桜ダイ」などとされ
冬に備えて荒食いする秋ごろは「紅葉ダイ」
などとよばれる。
どちらも真鯛が味がよくなる時期。

 

真鯛も出世魚かどうか、判らないが成長での
呼び方の違いがある。

成長名には東京では

マコ⇒オオマコ⇒チュウダイ(中鯛)⇒オオダイ(大鯛)⇒トクオオダイ(特大鯛)

とされることもある、関西では小さいものを
よくチャリコと称される。

 

 

鯛 タイの名前の由来は

 

「平魚」とも書かれること『延嬉式』
で鯛の姿がひらたいことから

 

たいら(平たひら)= タイ

 

に訛っていったとされる。

姿から名前の語源が来ているという説。

 

鯛の漢字 魚偏に周と書く由来

 

鯛は一族の繁栄を祝福するために
供される魚なので調和の調の略体「周」が
使われた
という説がある。

 

鯛の漢字のつくり、周には
あまねくという意があり。

まんべんなく調和がとれて
どこでも(周=あまねく)見ることができる魚で
あるので、そこから魚偏に周
が充てられた。

 

鯛の生態などからさらに、推測すると
タイ科の魚はよく性転換することで有名で
真鯛も性転換する。赤色系のタイは雌から雄へ行う。

 

若い時は、両性生殖腺を持つものが見られ。
2歳頃に多くが雄へと性転換し、成熟すると雌と雄は
ほぼ半数づつのになる。

 

周=調和がとれるということ、これは

最終的に雄も雌もちょうどいい具合に、分配されて
その種ではそれほど、子孫繁栄の為の争いなどが
おきない調和の象徴の意味
を表している
などとも考えられる。