Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 圭 鮭(鮏)

鮭の写真1

漢字は魚へん圭と書いて「鮭」サケ
弁当などにも入り、日常的によく食べられる。

 

鮭 サケの特徴

鮭の身3

 

和名サケ以外にもベニザケ、ギンザケ
などがいるが、同じように扱われることも多い。

身の見た目は赤身だか、白身魚に
分類される魚の一種。

 

川で生まれ海で育ち、河川に遡上し産卵を
終えて一生を終えるのが主な鮭の生態。

北日本の方では昔から重要な食糧資源とされて
扱われた魚。

 

鮭の卵 イクラ

鮭の卵、卵粒をほぐしてばらばらにしたもの
がイクラ
、寿司などではよく食べられる。

 

 

サケ(鮭)の語源

鮭の写真3

 

昔、東日本では「スケ」と呼ばれていたものが訛って
「サケ」に変化していったという。

「スケ(須介)」⇒「サケ」

 

東日本では古くスケといったので,サケはその転訛(てんか)とみられる。

出典 – 世界大百科事典第二版 サケ(鮭)

 

サケは北の方では季節にあわせて色々呼び名がある

東北、北海道でアキザケ、アキアジ(秋味)

夏の終わりごろに岩手、北海道東岸に現れるものを
ナツザケ、トキシラズ

呼び方も多い鮭、もともとスケと呼ばれていたのが転訛して
サケになったというよくある説。

これにちなんだ話で、日立市内の助川という
川は元々遇鹿(あふか)と言われていたが、よく鮭がとれる
ということで助川に改めたようだ。

 


鮭の料理3
(加熱した料理は身が裂けやすい)

他の説では食べる際に身が簡単に裂けるから

「裂け」⇒「サケ」

とわかりやすい風に名前がついたという説もある。

『日本釈名』

 

 

鮭の漢字 魚偏に圭と書く由来

 

もともとはサケに充てられている
漢字は魚へんに「生」で鮏だった。

 

『本草和名』
『和名抄』

などには鮏の字で記されている。

鮭の画像

もとは生臭い魚ということでつけられた
「鮏」だったがイメージが悪いということで
「鮭」へと変化
していったとされている。

 

『新撰字鏡』あたりからは
魚偏に圭と書く「鮭」の字で記される
ように変わっている。

 

また、つくりの圭という漢字の意に
土を盛ることを示すものがあり。

鮭の多い地方では、河川の流域における固有の土器形式が
ある
とされている。

これに関連付けて、魚偏に圭と変化されていったのでは
ないかということも考えられる。