魚へん 安 康

漢字は魚へん安と書いて「鮟」アンコウの
一文字

漢字二文字で「鮟鱇」と書くのが
一般的

姿は、体の形が琵琶に似ていること
から、別名「琵琶魚」とも呼ばれて
いたこともある。

 

鮟 アンコウの特徴

沿岸部のやや深い域に生息する。
ひらべったい押しつぶされたような姿
している魚。

漁獲されたものの見た目はややグロテスク。

アンコウの画像

アンコウと呼ばれる種類の和名は、キアンコウと
クツアンコウがあり。

 

アンコウは背ビレの長い「疑似皮弁」と呼ばれる部分で
小魚を誘導して食べる
という習性をもつ。

このルアー釣りのような特徴から
英名は anglerfish と呼ぶ。

 

かなり貪欲な魚で、時には海鳥をも喰らう
こともあるよう。

 

味に関しては「東のアンコウ、西のフグ」
呼ばれるように、美味な魚。
旬は冬で、春先までが旬でアンコウは梅が咲くまで
ということわざもある。

 

肉の水分が80%を超えるので捌く時に
吊るす(つるし切り)という独特の方法で行われる。

 

鮟 アンコウの語源の由来

アンコウの姿特徴から来ている
という所説があり。

 

まず、口が大きく開き、顎が伸びたような
姿にもなることから

アゴ ⇒ アンゴウ ⇒ アンコウ

と変わっていったという説

『古名禄』

 

次に千葉県ではヒキガエルを
アンゴウという方言があり。

平べったい姿が、
ヒキガエルと鮟鱇が似ていることから

アンゴウ ⇒ アンコウ

と変化していきアンコウと呼ばれるように
なったという説があり。

 

海底に生息するような、平べったい
やや不格好な魚は、蛙に似ているとされる
魚も他にいる。

 

鮟の漢字 魚偏に安と書く由来

 

アンゴウという呼び方がアンコウに
変化してからこの漢字が作られたようだ。

 

これは『節用集』に載っている

鮟鱇のつくり「安」「康」は

食べると美味しい上に、健康にもよいという
ことから出きたという説。

 

また、アンコウの姿などから

 

鮟のつくり「安」は伏すという意があり。
やすんずる(やすんず)。おだやかで落ち着く。また、静かに
落ち着ける。安定させる。

 

アンコウは海底に生息する魚で、ほとんどが
伏したように生活
して、腹が平らで底に
ついている魚で

魚偏つくりに安という漢字が充てられた
という説があり。