Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 尊 鱒

漢字は魚へん尊(ソン)と書いて「鱒」マス

サケ(鮭)などの魚に含まれる魚の
一部を呼ぶときなどに使われる。

 

鱒 マスの特徴

カラフトマス(鱒)の画像

和名、「サクラマス」や「カラフトマス」の
ことをマスと言うことが多い。

 

主にカラフトマスのほうが漁獲量が多く
現在では「マス」といえば
カラフトマス
を指す。

 

これらの魚もサケと同じような
特徴をもつ。

 

川で産まれて、海に下り、海で数年を経て
また川に戻る習性をもつ魚。
この川に戻ることを逆上という。

 

食に関してはカラフトマス他のサケ類と比べると
味が落ちる
、割と弁当などや缶詰めに使われることも
あり、思ったよりも食べているということも
多いかもしれない。

 

一方サクラマスのほうは、サケの中では
一番美味
とされる、有名な「鱒ずし」に使われるのは
サクラマスのようだ、たしかに
笹の香りと、旨味がマッチして独特の風味が
する美味な名産品。

 

割とサケ・マス類などにもアニサキスなどの寄生虫が
ついていることもあるようだが、養殖魚だと
それほど心配もないので生食でも問題はそれほど
ないとされている。

 

鱒 マスの語源

 

名前の由来は諸説あり

まず、新井白石の説

朝鮮の松魚のことを日本では
マツノイヲといい。

そこから訛っていったというものに
よるもの

マツノイヲ⇒マスノイヲ⇒マス

 

続いて、『東雅』によれば

「マスとはその味の鮭魚に勝りぬをいふ」

味が鮭よりも上なのでマスと言う
という説もあり。

 

鱒の漢字 魚偏に尊と書く由来

 

鱒のつくり尊には赤いという意があり

鱒は「赤い魚」を表し

マスは赤い目の魚というものが特徴の
で、魚偏に尊があてられています。
コイ科の淡水魚、カワアカメ
のことを中国では意味する。

 

しかし、日本では魚が取り違えて考え
られていた

日本のマス(サラクラマス)は、産卵期には雄に婚姻色が
出て赤く染まる
、これが昔は腹赤と呼ばれた。

 

本来であれば、「鱒」はカワアカメのはずだったが
日本ではサクラマスの婚姻色の赤さを勘違いして
鱒をそのまま使っていて現在に至る