魚へん 尤 魷

魚へん尤と書いて「魷」イカ

烏賊とも書く。

 

魚へん尤 イカの特徴

アオリイカ締める前の色

イカの触手は10本あるということがよく知られる。
すべて同じように見えるが、少し長い2本の触腕などが
あり。

全世界の海におよそ400~500種と種類はそこそこいるが、日本で
売られるような種類は限られている。

  • ジンドウイカ(ヒイカ)

  • スルメイカ(鯣烏賊)

  • ヤリイカ(槍烏賊)

  • ケンサキイカ(剣先烏賊)

  • コウイカ(甲烏賊)

  • アオリイカ(障泥烏賊)

など。

 

サーフに置かれたイカ

ヒイカはあまり成長せずに大きく
ならないイカ、体長8cm程。

 

スルメイカは名前の通りするめなどに
使われる
、安く1杯100円程でも売られることもあり。
スルメはスルメイカを乾物した加工食品。
ちなみに魚へんに及で「魥」ひものと書く。

 

ヤリイカとケンサキイカは似ている
どちらも名前の通り先端が尖って細長いような
姿のイカ
、割とうまく値段もそこなりにする。

 

コウイカ

コウイカは底を狙っていると稀に釣れるが、泥を
吐きまくるのでそのイメージが強い、名前のように甲羅のような形
甘味があり味はいい。

 

アオリイカが甘味がよく肉厚な種類
値段が高く、うまい

 

 

魷の漢字 魚偏に尤と書く由来

手の中のイカ

 

まず右の「尤」という字
現代ではあまり使われることはない漢字。
犬に似てるが異なり音読みでユウ、訓読みで
とが、とがめるもっとも
など。

 

優れたものを表す時や、失敗した時などに使われる
よう。
類義の漢字は「最」

熟語などでは

尤最(最もすぐれていること)

尤物
(目だってすぐれたもの)や
(美人、美女)
「尤物惑人忘不得=尤物は人を惑はして忘れ得ず」〔白居易・李夫人〕

尤悔(後悔している事がら)

尤隙(仲たがい、いさかい)

などがあり、これも近年は使われない。

イカの刺身
イカに魚偏に尤で魷の漢字がつけられた
詳しい由来はみつからなかったので
少し簡単に推測してみると。

 

尤の漢字の会意は
「手のひじ+―印」で、手のある部分に、いぼやお
できなど、思わぬ事故の生じたこと
を示すらしい。

イカの触手の部分が

「手のある部分に、いぼやおできなど」に一致していること。

 

イカの水中画像

イカの四方山話に、イカは死んだふりをして水面を
漂い、襲おうとする鳥(からす)を逆に捕まえて食べた
という話がある(実際には食べない)。

これらの話が「思わぬ事故の生じたこと」など
に一致する。

このあたりから、魚偏に尤と書かれたのでは
ないのだろうかと単純には考えられる。