魚へん 帀

カマス多数

漢字は魚へん帀(そう)と書いて「魳」カマス
秋ごろのシーズンであればよくスーパーなどに
出回る魚、カマスとされ販売されるのはアカカマスが多い

白身魚で、独特の味がしてそこそこ美味い。

 

 

魚へんに帀 カマスの特徴

 

日本沿岸では3種がみられ、よく食べられる
アカカマス、ヤマトカマス、アオカマス

よく見られるカマスはそこまで大きく成長する魚では
ないですが小魚を捕食する肉食魚で歯が鋭い

 

ミズカマスとして売られるのはヤマトカマス。
名のとおりアカカマスより水っぽく
塩焼きなどはあまり向いていない、料理の際に
水気を抜くような処理が欲しい。

 

アカカマスは秋から冬が旬、カマスの中では一番美味い
とされている、大阪湾でも秋ごろに接岸するので
よく釣れる。

 

カマスの旬をあらわすこんな言葉もあり。

「秋梭魚は嫁に食わすな」

秋のカマスの旬なので、非常に美味いことのたとえ。

 

3種が日本沿岸でみられるカマスですが、南方になると
大型になるオニカマスもいる、こちらは全長1.8mまで成長し大型種。

(オニカマスの写真)

別名ドクカマスとされ肉にシガテラ毒をもつこともあり、食べれない。
さらに鋭い歯で人を襲うこともあり。

 

魚へんに帀 カマス語源の由来

釣った アカカマスの画像

 

叺(かます)=カマス

口が、叺(かます)に似ていることから
名前が付けられた

カマスは小魚を食べることもあり歯が鋭くギザギザ。

叺(かます)というものは、あまり聞き慣れませんが
むしろ(藁などを編んだ敷物)を
二つに折り、左右の両端を縫い閉じた物。
肥料、石炭、塩、穀類などを入れる為に使われた

 

魳の漢字 魚偏に帀と書く由来

 

昔、鰤と魳を同字とされていた。

「鰤・魳は老魚なり。一説に、歴水に出で、之を食えば人を殺す」

『類編』

 

老魚のカマスには鰤の漢字も同じとして
使われているが、魳と書くことが多い。

 

カマスは機織り道具の杼(梭)に形がいることから

「魣」(魚へんに予)

「梭魚」

「梭子魚」

とも書かれることもある。
アカカマスの画像


(上 カマスの画像、下 杼(梭)の画像)

このあたりにも漢字の由来になるものがありそうだが、それらは
見当たらず。

 

『運歩色葉集』(1548年)では
魚へんに市の漢字がカマスと読まれている。

魳の漢字の由来は魚へんに市という漢字が崩れて
魳になったのではないかと
いう説があり。