魚へん 念 鯰

漢字は魚へん念と書いて「鯰」ナマズ

 

鯰 ナマズの特徴

 

4本の口ひげがある特徴的な魚。
日本では北海道をのぞく地域に分布する淡水魚。

 

川の下流、沼、用水路などの濁りの
ある場所を好む。
水面に水草の繁茂したところに多くいる。

 

肉食で割と荒い性質を持つ魚、主に小魚などを
餌とするが、雑食でなんでも貪欲に食べる。

 

釣りでは引きが割と強いのでルアーでのゲーム
フィッシングとして対象とされることある。

 

食用としては、白身魚としてヒレナマズ、
キャットフィッシュ、パンガシウス
などがよく輸入されている。


アメリカナマズの画像

By: Cliff


(上 バサ、下 アメリカナマズ)

 

姿見た目はいまいちだが
食用としての味はなかなかのもの。

日本でとれる普通のナマズも白身で
たんぱくな味の魚でわりと美味。

 

鯰 ナマズの名前の由来は

 

名前の由来はおもに

 

「ナマ」= 滑らか

ということナマズの特徴といえるような
所を捉えて名前にされた説があり。

 

「ナマはなめらか也、メとマと通ず。ツはやすめ字なり。
此の魚なめらかにしてとらへがたし」

出典 – 『日本釈名』

 

 

鯰の漢字 魚偏に念と書く由来

 

鮎の漢字がもともとは中国ではナマズ
呼ばれていた。

 

日本では古くは『和名抄』から鮎をアユと読み
ナマズには鯰を用いている。

 

鯰の漢字は、ナマズの体がぬるぬるとするような
姿に由来している。

 

念 ⇒ ねばる

 

鯰のつくり 「念」にはねばると
いう意があり、なまずの姿と一致している
ということで漢字の鯰が充てられた。