魚へん 敝

漢字は魚へん敝(ヘイ)と書いて「鱉」すっぽん
鼈とも書き、日本では鼈が一般的
団魚、甲魚などとも。

鼈(ベツ)はすっぽんの漢名。

鼈裙(ベックン)はすっぽんの柔らかい肉で

鼈甲(ベッコウ)はすっぽんの甲羅。

 

鱉 すっぽんの特徴

水中 スッポンの画像

 

生命力があり、亀の中では凶暴な種類の一つ。

雑食性でなんでもよく食べる、魚、カエル、エビ、貝、
昆虫、ミミズ、水草なども食べる。

 

種類はハコスッポン、ニホンスッポン、トゲスッポン
ナイルスッポン、ガンジススッポン、マルスッポンなど。

肉は美味で、強壮剤などとして使われていた
日本では高級料理として古くから賞味される。

 

日本で最初にスッポン料理ができたのが京都
関西が本場のよう。

関西ではスッポン鍋のことを「丸鍋」などと
いうが、これはもともとすっぽんのことを、まるといった。
ことからきている。
江戸では、ふた(蓋)と呼んでいた。

 

鱉 すっぽんの語源の由来

 

江戸時代以降にスッポンと呼ばれるようになった。
語源の由来はは諸説あり。

 

太鼓を叩くようにすっぽんが「スポん」と
鳴くということから

実際にすっぽんは鳴かないが、これも他の語源などでも
よく鳴かないものでも鳴くなどとされているので
ありえなくはない説。

おそらく、スッポンが動いたときにこのような
音がでることもあるのだろう。

 

ポルトガル語説、男性器にかかわる語「スボ」から

頭の見た目など、肉や血が強壮剤などの
効果もあるということからありそうな説。

 

スッポンが川に飛び込んだ時の音を表したという説。

亀なら日光浴をしていたものが逃げたときに、すべて
このような音はでるが、ないとも
言えない説。

 

鱉の漢字 魚偏に敝と書く由来

漢字はスッポンの姿を
よく表したもの、魚偏ものは俗字。

 

鼈は黽(かめ)につくり敝(ヘイ)
くわわったもの。

スッポンの画像
(写真のように甲羅が平たい)

敝(ヘイ)は横にひらくなどの意があり
横にのびた、平なスッポンの甲羅の姿をあらわしたもの。
スッポンは他の亀に比べて、かなり平たい姿をしている。

 

会意兼形声。「黽(かめ)+音符敝(ヘイ)(横にひらく)」。
横にのびて、平らにひらいた姿をしたすっぽん。

出典 – 学研日本語大辞典