魚へん旨 鮨 スシと読むが魚も

漢字は魚へん旨と書いて「鮨」魚の場合はハタ
現代ではスシ
を表すことが多い。

ハタ類は南方のほうに多い魚で沖縄などではよく
料理に使われる。

 

 

鮨 ハタという魚の特徴

 

クエ、キジハタ、マハタ、ホウキハタ、アカハタ、ユカタハタ、
ツチホゼリ、ノミノクチ、マダラハタ、ナミハタ、ヤイトハタ、
スジハタ、バラハタなど数多くの種類がいる。
よく捕れるのはマハタで、日本沿岸ではなじみが
深い海水魚。

 


(キジハタの画像)

クエやキジハタなどは高級魚で有名、引きがよく釣り味も
面白いので両方釣りの対象ともされる。

 

海底でじっとしていることも多い魚で
生命力の強い種もあり、大きさにもよるが陸に上げても
数時間ぐらいなら生きることはできる。

 

主にハタ類は姿が似ているので、色などの特徴で識別される
ことが多い、日本沿岸でとれる海水魚の中ではカラフルな
色の種も多く観賞用とされることもあり。

 

サンゴ礁域のハタの種類はなかにはシガテラ毒をもつ種類も
いて場所によってはあまり食されない。

最近でもハタによる中毒がニュースになった
ことが有名。

 

 

鮨 ハタの名前の由来

 

 

写真をみればわかるが、ハタという魚は
ヒレがよく目立つ魚。

この特徴のあるヒレから名前がついた

 

古語で魚のヒレのことを「はた」といい
それがそのままハタの由来
になったと
考えられている。

 

 

鮨の漢字 魚偏に旨と書く由来

 

漢字の由来も上記した「名前の由来」
と関係があり。

 

ヒレの漢字は「鰭」と書く。

この漢字の旁を旨に変えて鮨という
漢字ができたようだ。

 

ヒレの特徴をとらえて「羽太」などとも
漢字で書かれる。

 

 

現代では「鮨」という漢字は主に
スシを表す
ことに使われているので、ハタにはそこまで
使われることはない。

 

寿司 (5)

このスシの漢字の由来はわかりやすく

「魚でつくった旨いもの」

ということのそのまま魚へんに旨と書き
そのままスシに使われる。

 

スシは酢につけた魚や、ごはんに酢をつけることもあり
「鮓」という漢字もあり。