魚へん 昌 鯧

漢字は魚へん昌と書いて「鯧」マナガツオ
スーパーの鮮魚コーナーなどでも時折見かける
こともある魚。

カツオと名前がつくが別種の魚。

 

鯧 マナガツオ特徴

 

ひし形で独特の姿をしているので見分けやすい。
口が小さいのが特徴、腹びれはない
全長は50~60cm程度まで成長する。

似る魚で、シマガツオというものもいる。

 

和歌山、大阪、瀬戸内海の西日本沿岸でよく捕れる魚
秋ごろまで日本でいて、その後は稚魚も成魚も外海に出る。
最近は海外でとれたものが販売されることも多いよう。

西日本でよく取れ評価はいいが、東日本では
評価されなかった。

 

マナガツオの他の魚と異なるのはクラゲが好物で
前胃という消化するような器官を体にもつ。

 

基本的に旬は冬のようだが、夏の沿岸で捕れたもの
でも味は悪くない。
海鮮料理にも使われる高級魚で新鮮なものは
刺身にしても食べられる。

 

実際に関西で初夏に販売されているものを
食してみたが、味はかなり美味だった。

 

マナガツオ 日本での地方名

一般 : マナガツオ
富山 : ギンダイ
岡山 : チョオキン
長崎 : まながた、まな
福岡 : まな
下関 : まな、まは
沖縄 : ふーいちゃー
紀州 : チョウチョウ

その他:エチオピア(シマガツオとの間違い?)

 

鯧 マナガツオ 名前の由来

マナガツオ(真魚鰹、真名鰹)の切り身画像

 

マナガツオの漢字は鯧以外にも

  • 「真魚鰹」
  • 「学鰹」
  • 「真名鰹」

 

などとの漢字でかかれることもあり
そこから名前が来ています。

 

「学鰹」 カツオに学ぶ(倣う)⇒マナガツオ

 

陸で海から遠い場所であれば、なかなか鰹が手に
入らないために、鰹になぞらえて食べたので

 

「真名鰹」 マナ(真名)味が良い⇒マナガツオ

 

鰹のように味が良いというので
真名+鰹とされマナガツオ

 

 

鯧の漢字 魚偏に昌と書く由来

 

漢字「鯧」 マナガツオの訓が古くに
出現したのは室町時代の『節用集』。

 

元はマナガツオは中国の魴(トガリヒラウオ)と形が
似ているので読み違えられた。

 

これ以降、朱子学者の朱舜水により
鯧=マナガツオの漢字と認定し
た。

『朱舜水談綺』