魚へん 是 鯷

漢字は魚へん是と書いて「鯷」ヒシコ
ヒシコイワシ,

カタクチイワシ(片口鰯)を表す。

鯷 ヒシコの特徴

ヒシコとはカタクチイワシの別名

日本では古くカタクチイワシは
「ヒシコイワシ」省略して「ヒシコ」とか
「シコイワシ」とも呼ばれる。

 

姿などは他のイワシと比較した場合
細長くまっすぐ
としている。

色はセグロイワシの別名もあるように、背だけが黒っぽく
腹は銀色

稚魚はシラスと呼ばれる。

鰯の漢字にも見受けられるように、食物連鎖の
中では下の方位置し重要な役割を果たす。

イワシの種類には、カタクチイワシ、マイワシ
ウルメイワシ
などがある。

大きさはウルメイワシ>マイワシ>カタクチイワシ

マイワシとカタクチイワシは長さはそこまで
変わらないが、マイワシのほうが体の幅が広い。

ウルメイワシは30㎝程にまで成長し
イワシの中ではやや大きめ。

 

カタクチイワシも他のイワシなどと
同様に多くの群れをなして
泳ぎ
、よく他の魚の餌となる。
食物連鎖の中では下の位置となる魚。

 

食に関しては他のイワシと比べてやわらかく
食べやすい、天ぷらなどは非常に美味。

大衆魚として、目刺し、ごまめ、煮干しにされ
鮮度がよければ刺身にもできる。

シラスとして売られるものは
カタクチイワシの稚魚

 

鯷 ヒシコの語源の由来

ヒシコの語源は

イワシという言葉が転じてヒシコになったと
いう説がある。

 

イワシコ⇒ヒシコ

 

『東雅』によれば

「ヒシコとわ、イワシコといひし語の転ぜしにや。イワと
いふ語を引き結びて呼びぬれば、ヒといふべきが故也」

 

ちなみに、カタクチイワシ(片口鰯)の語源
下あごが小さく上あごだけしかないように見える
姿から。

 

 

鯷の漢字 魚偏に是と書く由来

 

鯷という漢字は本来は昔の中国では
オオナマズを表す漢字だったようだ。

 

これを日本では、ヒシコイワシ(カタクチイワシ)に間違って
使い続けた。

なので、鯷はオオナマズの特徴が由来となる。

『説文解字』によると

「鯷は大鮎なり」

(昔の中国では鮎という漢字=ナマズ
となっている。)

 

「鯷」は「鮷」、鮧 どちらも(てい)の異字体であり。

「鮷」「鮧」のつくりの弟、夷は「低い」という意があり
これはナマズの低いような姿をとらえてつけられた
ようだ。

 

鯷のつくりは是は「まっすぐなさじ+止(あし)」で、匙(さじ)の原字。
止(=趾)を添えたのは、まっすぐ進むことを示す

これは大きく伸びるということに繋がりがあるので
オオナマズに「鯷」の漢字が
あてられたという説があり。

 

 

日本で間違って、ヒシコイワシ(カタクチイワシ)に
鯷の漢字がつけられたのを推測すると

鯷の漢字 つくりの是は

是(まっすぐで短い)などの意があり

他のイワシと比較した場合、カタクチイワシは
姿がまっすぐで短いことから
ということ、おそらくこれが由来と考えられる。

 

会意兼形声。「魚+(音符)是(まっすぐで短い)」。

出典 – 学研日本語大辞典 鯷

 

また是は「まっすぐなさじ+止(あし)」で、匙(さじ)の原字で
止(=趾)を添えたのは、まっすぐ進むことを示す

カタクチイワシとの特徴など
から考えてみると、他のイワシと動きをくらべてみると
群れをなしていても、一つの塊のように密集してあまり
動きを乱すことがない

他のイワシなどと比べて
群れがひとつの生物のように見える。

 

この性質から是の「まっすぐ進むこと」の意を
とらえ漢字があてられたとも考えられる。