魚へん 暑 鱪

漢字は魚へん暑と書いて「鱪」シイラ
と読む。

 

鱪 シイラの特徴

 

カラフルで海外産のような見た目
夏頃に日本の沿岸部にもよってくる
関西方面では串本あたりで、よく釣れることもある。

 

体長は1m~2mまでに成長する大型の魚。

 

群れを成して小魚を捕食する魚、獲物を
狙ったりして泳いでいる時は体色がコバルト色
輝くので綺麗な色をしている。

 

これはシイラの精神状態によって体色が変化
していると言われている。
水揚げされると、綺麗な色合いもあせて
いってしまう。

 

食品としても、白身魚でたんぱくな味を
した魚で悪くない、名産料理には
「マンビキの煮びたし」という料理があり。

 

日本での地方名は、トウヒャク、マンサク、トウヤク、マンビキ、
クマビキ
などで、群れに遭遇すると一度に大量に捕れることに
由来していると言われる。

 

流石に近年の沿岸部などでは、大型の群れは少なくなってきたのか
あまりお目にかかったことはない
一度ぐらい、そうういう所に遭遇してみたいもの。

 

 

鱪 シイラの名前の由来

 

名前の由来はシイラの姿からきていて

シイラの頭の大きさの割にが身が
すくない、中身が空っぽのような
ことから。

殻ばかりで実のないモミの「粃」(しひな)と
合わせて。

「粃」⇒「シイラ」

となっていったのが名前の由来という説。

 

また、古語に「しびら」という裳の類があり。

この衣類とシイラを見立てて

「シビラ」⇒「シヒラ」⇒「シヒラ」

 

となっていったという説。

 

鱪の漢字 魚偏に暑と書く由来

シイラ(鱪)の画像
(写真のように頭が大きい魚)

頭が大きいような外見から「鬼頭魚」とも
漢字で書かれることもある。

 

漢字の由来はシンプルで
シイラが暑い海域に生息して
日本では暑い夏に旬、よく捕れることから

 

つくりに「暑」という字が
充てられ鱪という漢字がつくられた

と言われている。