魚へん 曾 鰌

漢字は魚へん曾と書いて「鰌」エソ
ほとんど鮮魚として出回らないので知られることは
少ない。
釣りなどでは時々釣れる魚。

 

鰌 エソの特徴

 

トカゲなどの爬虫類に似たような魚で
小魚などを食べる肉食。

日本近海のエソの種類は多くマエソ、ワニエソ、トカゲエソ
マダラエソ、オキエソ、アカエソ、スナエソ、ホシノエソ
ハナトゴエソ、チョウチョウエソなど。

なかでもマエソが多く捕れる

 

見た目が不気味な所があるからか
初めて見た人などは毒があるのかと
気になることもあるようだ。

 

釣れるような地方や時期ではよく釣れる
ようだが普通にはそこまで釣れるような
ことは少ない。

 

食に関して、小骨が多い魚で鱗があり
やや下処理に手間がかかる。

 

調理法がよければ味は悪くない、白身魚で
蒲鉾の原材料にされることが多いので
言ってみれば、旨い蒲鉾という感じの味。
練り物を作るには非常に向いている。

 

 

鰌 エソの名前の由来

エソ(鰌)の画像

 

エソの名前の由来は姿形、顔の見た目から
来ているとされている。

 

エソは他の魚とやや異なり
トカゲなどの爬虫類などに似ているような所が
ある。

さらに裂けたような口の形や
目の位置から顔が笑ったように見えるので

 

「笑壺(エソ)の儀」『大言海』

から語源来ているとされている。

 

鰌の漢字 魚偏に曾と書く由来

エソは別名では狗母魚などとも書く。

 

エソは昔「恵曾」とされていた
『本朝食鑑』などでは
そのように書かれている。

漢字一文字の場合も単純に

恵曾の「曾」に魚編を合わせたという
のが漢字の由来とされている。