魚へん 有 鮪

漢字は魚へん有と書いて「鮪」マグロ
刺身や寿司で日本人であれば誰もによく
知られる赤身の魚。

 

鮪 マグロの特徴

 

マグロの種類は世界に数多くあり
ビンナガマグロ、クロマグロ、
メバチマグロ、キハダマグロ、コシナガ
ミナミマグロ、タイセイヨウマグロ
など。

この中でビンナガマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ
多く捕られる。

 

値段はクロマグロ⇒ミナミマグロ⇒メバチ⇒
キハダマグロ⇒ビンナガの順。

 

大きさはクロマグロがもっとも大きく3mにまでに達する。
大間のクロマグロは高額で競り落と
されるので有名。


(クロマグロの画像)

 

過去には2013年一匹あたり1億5540万円
で競り落とされたこともあります。

 

クロマグロは高級ですが、クロマグロの分布が
北の水温の低い海
で脂がのっている部分が
多く、美味しいマグロということで高価な取引を
されています。

 

鮪 マグロの名前の由来

 

マグロは古くは「シビ」と呼ばれていた。
『和名抄』ではすでに鮪とされている。

 

名前の由来は
常温で時間がたつと真っ黒に変化する
ことや、クロマグロから。

「マックロ」⇒「マグロ」

 

 

また、マグロは目が大きく黒いことから。

 

「目が黒い」⇒「目黒」⇒「まぐろ」

と訛って名前の由来になったと
いう説もある。

 

「まぐろとはその眼の黒き也」

出典 – 『物類称呼』

 

 

鮪の漢字 魚偏に有と書く由来

マグロの寿司

 

由来の大元を辿ると、中国の「鮪」という魚
との取違えからとする説があり。

 

中国の「鮪」という漢字が使われていた魚は
チョウザメ
という種類の魚で、どちらかというと
卵のキャビアのほうが知名度は高い。

 

 

最大の種のダリアチョウザメと言われている。

 

チョウザメに「鮪」を付けられた由来が
マグロの漢字の由来になり

 

チョウザメの画像
(チョウザメの画像)

チョウザメの生態には、冬には穴の中に眠り
気温が暖かくなると出てくる魚
とされていた。

 

鮪のつくり「有」には「ないものがちょっこり現れる」
という意を表し。

チョウザメの特徴から魚偏に有となったと
いうことのようだ。