魚へん 此 魮

漢字は魚へん此と書いて「魮」エツ

漢字2文字では「斉魚」や「魚偏に薺」
などとも書く。

 

魮 エツの特徴

頭が尖っていて細長い魚。
これをみたてて中国では刀魚ともいう。

しりびれの基底がはなはだしく長く尾びれと
連なるように見える。
胸鰭の一つが糸状に長くのびている
体長は20cm~30cm。

 

日本では有明海奥部だけに生息、筑後川、矢部川
おもに分布する。

生息する場所が汽水域で葦が生い茂る
場所をこのむ。このことから韓国では
葦魚
などとされている。

 

エサはアキアミを主に捕食して、その他の浮遊性甲殻類なども
産卵時には餌をとらない。

産卵前のものはエツ料理として美味な味だが
海に下るエツは不味い。

エツは筑後川下流にある城島町あたりで産卵をおこない
現地ではこの時期、エツ漁が解禁になり
エツ祭りなどが開かれる。

 

 

魮の漢字 魚偏に此と書く由来

 

漢字の由来はエツ姿などから

 

エツの見た目は身は薄くなっていて
頭が尖り先細くなり長い、刀のような
形をした魚。

エツの絵

つくりの「此」(シ)は

嘴のように細長くとんがっている
意味もあり。

ここから魚偏に此の字が充てられた
という説があり。

 

此は、昔近いものをさす指示詞に使われていた。

本来は「止(あし)+比(ならぶ)の略体」で、足を
並べてもうまくそろわず、ちぐはぐに
なることなど。

もうひとつのつくり齎は、「貝+音符齊(そろえる)」で
金品をそろえてさし出すことの意があるよう。

 

このあたりにも由来がありそうだが
魚のエツとの関連性は見あたらず。