魚へん 白 鮊

漢字は魚へん白と書いて「鮊」シラウオ
透明の小さい魚。

 

 

鮊 シラウオの特徴

シラウオは日本では熊本あたりから、北海道まで分布する。

 

全体的に半透明で、目だけは黒い。
春の産卵期になると川を遡る習性がある魚。

 

昔には隅田川でシラウオがよく取れて春の風物詩と
なっていた。

 

徳川家康はシラウオ好きの為に
国替えで三河から江戸にやって来たなどという
話もあり。

 

淡泊な味をしていて、鮮度が落ちやすいために
現在では、冷凍されて売られることが多い。

体が透けているものは新鮮で、刺身でも
食べることができ美味な味。

 

鮊 シラウオの名前の由来は

 

シラウオは生きている状態では
透明な魚。

 

水揚げされ料理されると体が白くなる特徴から
名前の由来とされている。

 

主に稚魚などや小さい魚は体がほとんど透明な
魚も多いですが、これは外敵から身を隠すのに
理想的な保護色であるということが
言われている。

 

 

鮊の漢字 魚偏に白と書く由来

 

シラウオは漢字では、白魚とも表記する。

 

単純に、煮たりして料理された時などの見た目
そのまま白い魚ということで

 

魚偏に白と書かれたようです。
漢字の由来もまた、名前の由来と同じ
という事。

 

生きている時よりも料理されて食される
場合の姿のほうが、特徴的であったと言うことを
表しているような漢字です。