魚へん 神・雷

漢字は魚へん神と書いて「鰰」

または魚へん雷「鱩」

どちらもハタハタという魚。

 

ハタハタの特徴

日本海と東北の太平洋に分布する魚。

昔は日本でもよく捕れた魚ですが
近年は韓国産の輸入物が多いです。

 

ほとんどを砂泥の中にもぐり過ごし、餌を
捕る時間帯になる、小魚やイカなどを捕食する。

普段は水深100~400mの砂泥底に生息しているが
11月~12月頃の産卵期になると
沿岸部の浅瀬にきて産卵を行う。

 

ハタハタの食に関しては、身はやや硬くたんぱく
脂肪が多くて、独特の風味がある魚。

魚類などから作られる汁を魚しょうゆと言い。
秋田で「しょっつる」という、ハタハタからの魚醤油が
作られる。

名産品ははたはたずしなど。

 

ハタハタの地方による別名

 

カミナリウオ(秋田)
シマジ(新潟)
ハダハダ(秋田、山形、富山)
オキアジ(京都)
カタハ、カハタ、シロハタ、ハタ(鳥取)

 

ハタハタの名前の由来

一説にハタハタの姿から

古語でヒレのことを「ハタ」という

 

ハタハタが大きなヒレを持っている
事をとらえたことで、古語のハタを繰り返し

「ハタハタ」とされたという説がある。

 

他にも雷に因む説があるが、これは
漢字の由来とも一致している。

 

鱩の漢字 魚偏に雷と書く由来

ハタハタの画像

 

ハタハタは冬に雷がなる時期に産卵
ために沿岸沿いの大挙して押し寄せる。

この時期に多く漁獲され、雷のなり方に
よってもとれる量が異なることも
あるようだ。

このような特徴と雷がなることを
とらえて命名された。

雷が鳴ることをハタタクと言い。

 

ハタタク⇒ハタハタ

となっていった。

 

雷のなる時期に多く捕れることを表すように
秋田では別名カミナリウオとも
呼ばれる。

 

鰰の漢字 魚偏に神と書く由来

 

雷の古語をハタタ神といい
ここからきているという説がある。

ハタタ⇒ハタハタ

と変化していった説。

 

「秋田の海浜地方で冬雷の鳴る頃に捕へられた魚を
ハタハタといふものを雷から出て居ると思はれるから、元
は此の語があったのである」

『定本柳田国男集 18』

 

また『自然読本・魚』によると

ハタタガミウオ⇒ハタハタガミウオ⇒ハタハタ

と変化していったという説がある。