魚へん 箴 鱵

魚へん 箴 鱵

 

漢字は魚へん箴と書いて「鱵」サヨリ

魚へんに針という漢字もあるよう。

 

鱵 サヨリの特徴

サヨリ(鱵)の画像

 

分布は広く日本では北海道から沖縄まで全域に
及ぶ。

 

沿岸沿いでは小さい個体の群れも多いが
大きくなると、40㎝ほどにまで成長する。
大きく成長するとサンマにかなり似ている。

下あごがくちばしのように突き出し、赤くなっている
のが特徴。

 

水揚げされると、胃の中が一番に劣化していき、腹の
部分が黄色くなり痛んでくると最後には破れる。

釣ったものを見ても、あらをとった部分が
黄色くなっていたりもする。

 

サヨリのような人とは、この腹の痛みの速さなどを
なぞって

「外見ばかりがよくて腹黒い人間」を指す
言葉。

 

旬は春で、味はたんぱくな白身、と少し独特の味
するような魚。
胃の部分の鮮度落ちが早いので早めに粗を取り
鮮度を保つ必要があり。

 

よく捕れそうな時期でもスーパーなどでも
それほど見かけないのはこれらが理由なのかも
しれない。

 

鱵 サヨリの名前の由来は

夜釣り サヨリ(鱵)

 

まず、サヨリはもともとはヨリトウオと言われて
いた。

これはサヨリの卵が糸状につながっていて
より糸に似ているのが由来している。

 

このヨリトウオの略称ヨリに、狭いなどの
意として使われる「狭」を冠して
サヨリになったという説あり。

 

また、一度夜中などにサヨリ群れをみれば判るが、かなり
印象的、特にスズキに捕食されて水しぶきで水面が
荒れている様子は目を見張るものがある。

 

あたり一面を覆いつくすような大群と呼ばれる数
湾に入ってきては、次の日には
もう居なくなったりしている事もある。

 

そんな、「サヨリの群れ」というのを
言い表し名前のついたという説がある。

 

サハヨリ⇒サヨリ

「サヨリというふは、その多に依る也」

『東雅』

あの群れを現したというのも
なかなか説得力のある説。

 

鱵の漢字 魚偏に箴と書く由来

サヨリ(鱵)の頭 画像

 

サヨリは別名「針魚」や「細魚」などがあり。
昔は漢字で「針魚」と書かれていた。

 

「箴」には針という意があり。
サヨリの漢名は「箴魚」と言ったようだ。

 

日本では「針魚」から自然に変化していき魚偏に箴と
いう漢字が充てられた。

 

『訓蒙図彙』(1666年)あたりから
「鱵」の漢字が使われはじめている。