魚へん 而 鮞

漢字は魚へん而(ジ)と書いて「鮞」はららご

鮞も(ジ)と入力すると出てくる漢字。

現代では「腹子」などと書くのが一般的。

 

 

魚へん而 はららごの特徴

 

はららごは魚類、一般的にさけの卵の塊
ことをさして、呼ばれている呼称。

また、それらの卵を塩漬けにしたものを指す。

鮞は正確には「はららご」と読むようですが
わかりやすいように「はらこ」と言われることも
多いよう。

 

はらこと似たようなものに、筋子(スジコ)と
いうものがあるが、スジコはサケの未成熟卵を
塩漬け
にしたもの。

 

イクラは加工されたもので、塩漬にした
筋子をほぐしたもの
を天日乾燥したもの。

これら筋子類の加工食品のことを
はららごと呼ばれることもあるよう。

 

魚へん而 はららごの語源の由来

 

はららごは魚の産卵前の卵で
腹の中にはいっている塊。

これは胎の子という意味から来てそうだが
卵のかたまりが、ばらばらにされたと
いうことから

「ばらばらになった子」⇒「はらはらの子」

ということから来ているという説が
あり。

 

鮭の卵 イクラ

本来〈胎(はら)の子〉であるより〈はらはらの子〉,
つまり,ばらばらになった子の意味だと思われるが,
その点からも《本朝食鑑》の鮞がイクラであることは注目される。

ただし,そのイクラは塩漬にした筋子をほぐし,さらに
それを天日乾燥するというものであった。

出典 世界大百科事典第二版 サケ(鮭)

 

『本朝食鑑』に鮞がイクラと記載されている
点でも、イクラの加工手順を考えると
ありそうな説の一つ。

 

 

鮞の漢字 魚偏に而と書く由来

 

はららごは魚の卵の塊
哺乳動物でいえば、まだ子供という存在
のようなもの。

 

日本近海でよく見かけるカサゴなどは
産まれてくるまで腹の中に卵
持つような魚もいる、卵などもまだ子供などと
いうような所があり。

 

魚偏に而に関しても

「而」は「兒」に通じる意があり
子供という意味も持つ。
ここから、はららごに魚へん而(ジ)という漢字が
あてられたとされている。

さらに、兒は、小さく細かいという意を含み
イクラに鮞の漢字が使われていたというのも
適しているように思える。

兒は、小さく細かいの意を含み、
睨(目を細めてにらむ)・
倪(小さい子ども)・霓(細いにじ)などに
音符として含まれる。