魚へん 花

漢字は魚へん花と書いてホッケ
(ここでは表示できず)

「北方」「北魚」と書いてホッケとも。

 

ホッケの特徴

アイナメ科の海水魚でアイナメなどに
も割と似ている所がある。

 

生息地は太平洋では千島~茨木、
日本海岸では対馬海峡付近にも分布する。

 

主に北海道周辺でとれるものが
主流となっている。

 

鮮魚ではそこまでみかけないが
干物などでは割と売られる魚。
食べたこともある人も多いのではないだろうか。

 

ホッケは鮮度が急激に落ちるのでよく干物などに
されて売られる。
鮮魚と売っているものも、なるべく鮮度の
いいものを選ぶほうが味が良い。

 

地方などでは成長につれホッケの
呼び名も変わる。

 

幼魚は「アオボッケ」などと呼ばれる
この時期のものは表層でよくみられる。
これは幼魚の時に青緑色をしていることから。

 

満1年になると「ローソクボッケ」
海底へ住処が変わる。

 

2年魚は「ハルボッケ」とされ
春に群れをつくって泳ぐ。

成魚は「ネボッケ(タラバボッケ)」
などと呼ばれる。

 

ホッケの名前の語源

 

ホッケの語源は

法華経(ほけきょう)⇒ホッケ

 

と法華経がホッケの語源となった
という説があり。

 

これは蝦夷地開拓時代に法華経を
説いた坊さんがホッケという魚の旨さ
を一般的に普及
したということから
由来したとされている。

 

 

漢字 魚偏に花と書く由来

ホッケという魚は海底に棲んでいる
ような根魚の一つでありがちな体色を
している。

 

ホッケの画像

写真のように通常時の見た目は
そこまで花のように美しい魚ではない。
寧ろ何処にでもいるような日本的な魚の
配色。

ただ、時期によってこのありがちな
色合いも異なる。

 

そのひとつにホッケは産卵期にはオスが婚姻色で
コバルト色になり鮮やかな唐草模様の斑紋

出てくること。

ふたつめに、幼魚の時に美しい青緑色
していること。

ここから「つくりに花」という説がついたと
いうのが一般的。

 

ホッケが時期によって綺麗な色合いに
なるといっても日本でも死滅回遊魚
であればもっとカラフルで花のような魚は
多数いるが、優先的にホッケに漢字が
充てられたので、このように現在も使われて
いる。