魚へん 葉

漢字は魚へん葉と書いて「鰈」 カレイ
スーパーなどでは切り身などでよく
売られる魚。

似ている鮃 ヒラメとよく比較されることが
ある。

 

鰈の特徴

 

割と種類が多く、マガレイ、メイタガレイ、マコガレイ
の種類が多く捕られ
高級で美味な種類にホシガレイ、マツカワなどの
種がいる。

一般的に冬が旬、夏でも味がいいのはイシガレイ

 

カレイはヒラメと姿が似ていて区別が付けづらい魚

「左ヒラメに右カレイ」という言葉があるように

左側がヒラメ、右がカレイ、目の位置で多くが判別
できる
が、ヌマガレイのように左側に目がついている
魚もいる。
外国産のものは異なる魚も多い。


(カレイの目の位置 右側)

 

カレイはそこまで獰猛な魚ではないものも多いが
ヒラメはほとんど生きている魚をそのまま捕食する
肉食魚
がほとんど、死んだ魚はほとんど食べることはない。

 

ヒラメは砂浜などからルアーなどの疑似餌で
よく釣られている魚の一つ。

 

鰈の名前の由来

 

日本釈名の記述から
カタワレイヲ⇒カレイが
名前の由来となったとされる説。

「かたわれ魚也。此の魚一方は色かはりて白くして目も一方につけり。
かたわれのごおし。タワを略せり。イは、いを也。ウヲ、イヲ通ず。ヲの字を略す」

『日本釈名』

 

カラエヒ(カレイの古い語)⇒カレイ

カラ(美称)、エヒ(エイ)

味が美味で形がエイに似ているということで
カラエヒから訛ってカレイ。

 

カタワレ⇒イオ

中国の伝説に、鰈は二つにさけたものとされ、目のある方が
片側を探して泳いでいるという説。

 

 

鰈の漢字 魚偏に葉と書く由来

 

鰈の姿形をとらえて薄いということから、葉のように薄い魚
ということで魚へんに葉とされる。

葉という漢字は「薄い」というイメージを
もつ漢字。

会意兼形声。下部の字は、三枚の葉が木の上にある姿を描いた象形文字。葉はそれを
音符とし、艸を加えた字で、薄く平らな葉っぱのこと。薄っぺらなの意を含む

出典 – 学研日本語大辞典 葉