Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 酓 鰌

漢字は魚へん酓と書いて「鰌」ドジョウ

泥鰌などとも書かれる。

 

 

鰌 ドジョウの特徴

ドジョウ

By: Dirty

 

「柳の下にいつも鰌はおらぬ」

 

偶然に遭遇した幸運を、再び同じ方法で得る事はできるとは限らない
という意がある、人生の様々な所であてはまることも
多いことわざ。

 

ドジョウは、口ひげが10本ある細長い淡水魚
沼や川の泥の中を好み、主に生息している。

 

農薬には強くなく、高濃度の農薬を使っているような
所では生息できない、食用では人工的に養殖などが
されていることも多い。

 

生命力が強い魚で、海釣りでも生餌で使われる。
餌持ちがいいとして、利用されることが多い。
冷凍保存されていたものが、復活したとして
話題になったこともあった。

 

安い食用の物や釣り餌に関しては、ほとんど海外
からの輸入ドジョウが利用されている。
海外産のドジョウには危険寄生虫の一種
顎口虫が寄生
している場合があり、踊り食いなどに
よって顎口虫に寄生されたことも多かったようだ。

 

 

昔はそれほど食されなかったようだ。

『東海道名所記』によると一説には
牛の皮を切って馬糞とかきまぜ、水に
浸しておくとドジョウになる

という俗説があったようで、そこからあまり食されなかったと
されている。

 

 

ドジョウ(鰌)の語源

 

ドジョウの特徴的な生態を表し、主に
泥の中に生息する事に関してのこと
からきている。

 

ドロツヲ(泥之魚)⇒ドヂョウ

(大槻文彦)

 

ドテ(泥の意)⇒ウオ⇒ドジャウ

(吉田金彦)

 

などの説がある。

 

 

鰌の漢字 魚偏に酓と書く由来

 

鰌の漢字の由来は諸説あり。

ドジョウの姿が細長いということと
泥の中に潜んで生息しているということから
ミミズに似ているということで
ミミズの意をもつ「酓」の漢字が
つくりに充てられた
説。

 

酓」がドジョウの鳴き声「シュウ」の
擬声語という説。

 

「酓」の文字が徳利から酒気が蒸発することを
表す意がある
ようで。
ドジョウの水中での泳ぎ方が酒飲みのよった
姿に似ているので、魚へんに酓を充てられた
という説。

『さかな風土記』

 

またドジョウの漢字には「泥鰌」や「鯲」とも
書かれていた。

鯲の漢字のつくり、於は略字で泥を表し
泥の中にすむ魚ということでこの漢字が
あてられている。