Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 非・柬

漢字は魚へん非と書いて「鯡」ニシン
魚偏に柬(かん)の鰊もニシン。

 

鯡 ニシンの特徴

 

北海道近海でとれ春告魚と呼ばれることもあった魚
現代では数が減りそれほど捕れなくは
なった魚。

ちなみに魚へんに春は鰆「さわら」。

今はほとんどが海外から輸入されたものが
はいってきています、輸入産のものは
なにか苦味のする味のものが多い。

数の子は、ニシンの異名を「かど」と呼ぶので

かどの子⇒数の子

と転じたのが語源の由来とされている。

 

ニシンは数の子が有名ですが、魚のほうも身が柔らかく
脂身がのっていてそこそこ旨い。
旬は産卵するまえの早春で、この時期が
脂がのっていて一番おいしいとされています。

 

ニシン(鯡)の語源

 

ニシンの名前の語源は

まず、父母のことをいっていて、ニシンは
多量に卵を産むことから。

二親⇒ニシン

 

の「二親」説がある。

 

次に、よくニシンの身を2つに割いて
干したものを食べる

ということから「ニシン」と
いう名前がついたという説が

『大言海』に記されている。

 

鰊の漢字 魚偏に柬と書く由来

鰊の漢字は元々「魚偏に東」の鯟という
漢字であったようだ。

 

「魚偏に東」の鯟の由来は
ニシンが東海に生息する魚で、そこで
よくとれることからつくりに東が
つけられたとされている。

ニシンはよく東北沖や北海道付近を
回遊するので、魚の特徴とあった
漢字。

 

 

鯡の漢字 魚偏に非と書く由来

現代ではニシンにはどちらかというと
鯡の漢字が使われる。

 

鯡の漢字に関しての由来は

鯡(ひ)という漢字が『玉篇』に「魚子」
と記されている。

これをニシンの卵の「数の子」と考えた
昔の日本人がニシンに鯡を取り入れたと
いうのではないかとされている。

 

また、つくり非が否定の意があり
ニシンが小さい魚ということでまだ成魚に
なっていない魚という意味
でつけられたと
いう説もあり。