Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚へん 養 鱶

漢字は魚へん養と書いて「鱶」フカ

サメを表す漢字の一つ。

 

魚へん養 フカ(サメ)の特徴

ホホジロザメの画像

サメは種類が多く、基本的なイメージとして
あるようなホホジロザメのようなサメ以外にも

小型のサメから、シュモクザメのような特殊な
サメも多い。

ミズワニ、シロワニなどの和名にワニが付くサメも
いるがこれも、漢字の鱶が理由となっている
と考えられる。


シロワニの画像

By: adam w


(シロワニの画像)

 

フカと食材で言えば、高級食材フカヒレなどが
有名な所、つばめの巣に次ぐ高級品。

多くの種類の「サメのヒレ」から獲れることが
できるので、サメが乱獲される原因となる。

人間が獲りすぎた為、サメの絶滅危惧種も多い。

フカヒレは白翅と黒翅に分けられる。

白翅は、メジロザメ、マブカザメ

 

黒翅は、アオザメ、ヨシキリザメ、ネコザメなど

 

 

フカ(鱶)の語源

アオザメ(青鮫)の画像

 

フカは大形のさめ類の俗称

 

基本的に大型のサメはそれほど沿岸部に
近寄らない事が多い。

浅場に近寄るのは産卵の時が多く
一般的に沖の深い海域に多くが生息する。

このことが「フカ」の語源の由来もあり。

 

新井白石
「そのある所の深きをもて、此のありしに似たり」

『東雅』

 

「深い海に居る魚」⇒「フカ」

となっていったという説がある。

 

鱶の漢字 魚偏に養と書く由来

ドタブカの写真画像

 

(ドタブカの画像、和名にフカとつくサメも居る)

日本で鱶はサメに使われる漢字

日本ではワニに使われていたことがある
これは漢字を取り違えていたことによる。

そのため山陰地方などではサメのことをワニ
呼んでいた、サメの和名にワニなどが付いているものも
居るのはこの為かと思う。

 

魚偏に養と書く由来はサメは種類により胎児性の
ものも多く
、卵を産むような魚ではない
この特徴を捉えて

「子を養う」などの意から

魚偏に養と書く、それがフカとなって
いったと言われている。

 

 

日本ではサメを表す漢字に使われるが

中国などでは、魚の干物(イシモチ類)
を表す漢字に使われていた。

 

つくりの「養」にはやしなうなど
以外にも日に当てるという意味もあり
魚を干して作る、保存食の干物に
対して使われていたようだ。

 

鱶は日本国内で作られた漢字でないので
本来の漢字の由来としてはこちらが
正しいのかもしれない。