魚へん 高

魚へん 高

漢字は魚へん高と書いてイセエビ
(漢字一字は存在するがここでは表示できず)

よく知られる祝い事などに用いられる
エビの種類。

 

イセエビの特徴

クルマエビと並んで水産上の最重要種
高価な海老

 

他にも似ているようなエビの種類もある
ゴシキエビ、ニシキエビ 、シマイセエビなど
これらは味がイセエビよりも劣り価値は低い。

 

エビの種類 イセエビ(伊勢海老)

イセエビ(伊勢海老)


(写真のように暗い赤褐色で、斑などが入らない)

イセエビは全体的に暗い赤褐色で、斑などが
体にない

時折、ゴシキエビ、ニシキエビ 、シマイセエビなど
をイセエビと称して売っている
こともあるので、よく見ておいてもいいと思う。

 

安い所で使われているのは、他の海老のこと
も多い。
海外などでは「伊勢海老」と書かれても
体に斑のあるエビが使われていることも多い。
中華街などではよくあること。

 

イセエビは生殖可能なサイズ約4cmになるまでに
満2年かかる、その間に外敵にも狙われやすく
死滅する個体も多い。

 

個体数の減少が著しく、禁漁期や禁漁区の設定が
なされている場所も多い。
和歌山の沿岸でも、警告の表示などが
されているのもよく見る。

 

 

イセエビの語源

 

語源は、単純によく捕れるような産地
から来たという説が一般的。

 

イセエビは複数の漢字では
「伊勢海老」と書く。

伊勢でよく捕れるエビ⇒伊勢海老

となっていった。

 

イセエビの別名は、カマクラエビとも呼び。

これは「鎌倉」でも昔よく捕れることから
産地の名前がそのまま付けられている。

 

イセエビの別名

 

カマクラエビ(鎌倉海老)

シマエビ

ホンエビ

グソクエビ(具足海老)

 

イセエビの漢字 魚偏に高と書く由来

 

イセエビはエビの種類の中でも
特に大型になる種類の一つ。

 

この特徴から、つくりに「高」と書かれる。

中国では魚偏に高と書く漢字は「オオエビ」を
表す。

日本に伝わった際に

オオエビ = イセエビ

と意味がとられて、そのまま魚偏に高
という漢字になったようだ。

 

他にも国内ではゴシキエビ、ニシキエビ
などが大型になるが
これは優先的にイセエビが魚へんに
と書くようになった。

漢字は中国由来のことも多いので、このような
漢字の由来も多い。