Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スズキの漢字 鱸

釣ったスズキ

スズキの漢字は魚偏に盧(ろ)と書き、鱸

 

沿岸部によく生息して、ルアーなどでも釣れる魚で
体長は1m以上までにも成長する、日本で1m20㎝ほどの記録はあり。
主に小魚などを捕食する肉食の魚。

 

日本沿岸でとれるスズキは
マルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキ
の3種類がいる。

スズキ(マルスズキ)の画像
ヒラスズキの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/


(上 マルスズキ、中 ヒラスズキ 下 タイリクスズキ)

この中でも一番よく捕れるのがマルスズキで
次にヒラスズキ、タイリクスズキという順番になる。
場所によってはタイリクスズキもとれやすい。

 

一般的にスズキと称されるのはマルスズキ
魚偏に盧と書くのも、この魚が一番合っている。

 

スズキはブリなどと同じく、出世魚で成長過程で
呼び名が異なる。

 

関東でのスズキの呼び名

コッパ⇒セイゴ⇒フッコ⇒スズキ⇒オオタロウ

 

関西でのスズキの呼び名

セイゴ⇒ハネ⇒スズキ

浜名湖付近でのスズキの呼び名

セイゴ⇒マタカア⇒オオマタ⇒コチウ⇒チウイオ⇒オオチュウ⇒オオモノ

 

セイゴ
(セイゴサイズのスズキ)

他の魚では、出世魚としての呼び方は昔使われていただけで
そこまで使われることも少ない魚も多いが
スズキに関しては、セイゴ、ハネ、フッコなどは釣りではまだ
よく言われることも多い
。しっかりとサイズ分けしているのも。
大きいものを釣りたいという表われだろう。

 

スズキ名前の由来は『日本釈名』(1699)の

「その身白くてすすぎたるやうに、きよげなる魚」

から ススギ⇒スズキになったというのが
スズキの名前の由来

 

 

過去に日本ではスズキという魚がどう扱われてきたか
鱸の漢字から見てみると。

 

『和名抄』(931年 – 938年)

「貌は鯉に似、鰓大きく開く者なり」

スズキの鰓
(スズキの鰓の部分)

このようにスズキの鰓(えら)に着目している記事は
見受けられる、実物を釣ったりして持ってみれば
判るが、スズキの鰓の動きは大きく動きく。

スズキを釣ったあとのあの鰓のゆっくりと大きく動く
姿な
どは印象に残りやすい、昔の記事にも鰓に
関して記されているというのもよく魚の姿を
表していると思う。

 

『四声字苑』では

「鰍に似て大、青色」

鰍(カジカ)魚偏に秋、の魚に似るとされている


(鰍(カジカ)の写真)

上のように写真をみると鰍似ているとは言い難い。
なんらかの他の魚に間違っていたのかもしれない。

 

古い記事であれば、『古事記』などにも

鱸という漢字が出てきている。
『古事記』(712年)とかなり古い時期からスズキが記されている
沿岸沿いにかなりの個体数が居つく魚なので
昔からそれなりに親しまれてのだろう。

 

漢字の由来はというと
鱸 魚偏の右側 盧(ろ)は黒いというイメージがある。
丸いつぼと、内部がうつろで暗い・黒いということに
関連するようだ。

 

スズキが口を開けた

丸いつぼというのは、スズキが口を開けた時は
非常に大きく、つぼのように大きいということに
イメージつけられていると思われる。
他にも右側に盧が使われる漢字は、黒い色をしたというものが多くある

 

 

スズキ60cm
(大きくなると体の色が黒い個体も多い)

写真のように、大きくなるとスズキは黒い個体も
よくいる

小さい個体は全体的に銀色が強いものが多い。
魚偏に盧というのはマルスズキに関しては
イメージがマッチしている漢字と言えそうだ。