はまち 漢字 魚へん 反

ハマチの画像大

 

魚へんに反の「魬」がハマチの漢字

ハマチという魚はブリの若魚のことを呼ぶ
ブリは出世魚で70㎝超えのものをブリと呼び
それ以下のものは別の名前で呼ばれる。
名前は異なってもすべて同じ魚。

 

他の魚は2文字などの漢字が使われるものも
いるがハマチは一文字で
漢字は魚へんに「反」と書き
「魬」と
いう一文字で書くことができる。

 

魬という文字はカレイなどと読まれることも
あるが、その理由は中国が由来となっている
漢字の魚へんに反の魬は日本でつくられた漢字だ
元からも中国にもあるものだった。

 

カレイやヒラメは、昔混同され比目魚とよばれ
その別名として、板魚や版魚などがありそこから
魬が作られたとされている。

 

比目魚としてをカレイ

出典 – 『倭璽雅』(1694年)

 

魬は中国では板のように薄くてひらたい、魚の名前に
使われる。

 

ハマチに魬という漢字が使われる理由

 

日本で魚へんに反の魬という漢字がつくられた経緯は
ハマチがハリがある魚ということで魚へんに「反」
されると考えられている。

魬を波里万知(ハリマチ)の名

出典 – 『和名抄』(934年)

身が張って円(つぶ)らかだからハリ(張)マ(身)チ(父)

出典 – 『日本語源』下

 

元は「ハリマチ」だったがつまって室町期にハマチ
と呼ばれるようになった。

 

ブリの名は古い記録には見られず,《和名抄》に波里万知(ハリマチ)の
名で出てくるのが初めで,これがつまって室町期に
ハマチとなり,同時にブリの名も現れる。

 

出典 – 世界大百科事典第二版 鰤

 

ハリ(張)に音が似ているという簡単な理由で
魚へんに「反」という文字で魬という漢字が
ハマチにつけられたようだ。

 

ハマチは身が張っている個体がほとんど

 

ハマチに実際に触れることがない方は
実際のハマチはどうであろうか、という事を
考えた方もいるのではないだろうか。

 

普通に暮らしていると、ハマチという魚に触れるのも
刺身で売られている身ぐらいの物。

 

 

ハマチの画像

 

ハマチの実物をみれば判るが、どんな時に釣った個体であれ
かなり身が張っている、丸々としたような魚がほとんどである。
ガリ細ったような魚はほとんど見受けられない。

 

 

遊泳速度も速く、容易く餌にあやかれるということも
あるだろうし、陸に接岸する時はイワシなどの大群の群れに付いて
いることが殆どなので餌などは容易く捕食できるから
というのもある。

 

普通に捕れるハマチも丸々とした身が張って
ハリがあるということで
ハリ(張)マ(身)チ(父)

つまってハマチと呼ばれるのも
実物を見ればなかなか納得の
いくような姿とは言える。