Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フエフキダイ(タマン)


タマンの写真画像

タマンはフエフキダイ科の海水魚。
ハマフエフキが本来の名前でタマンは沖縄の方言
分布は千葉県以南の中、西部太平洋、インド洋。
よくサンゴ礁域でみられる。
警戒心が強い魚で、ダイバーの手からは直接餌を食べることは少ないが
他の魚が食べている所を横取りする場合はある。

タマンはフエフキダイ科の魚で多く見られるような、吻が飛び出し頭の上部が
すこしへこんだような姿が特徴で、他に目立つ模様などはない。
主に単独で行動するが、ときに群れることもみられる。
サンゴ礁付近でみられる固体は、他でみられる個体よりも体の色が
白っぽい色になるようだ。

タマンは釣りで撒き餌などをおこなっている
場所にはよく姿を現し、貪欲な魚なので色々な餌さに食いつく。

タマンは沖縄のほとんどの海岸で釣れるようで、よく
釣りとしてのターゲットとして楽しまれている。
貪欲な魚だからか、以外な餌でも釣れるようだ。

 

フエフキダイ(タマン)と同じカテゴリ

 

フエフキダイ(タマン)を見ている人は他にこんなページもみています

魚へんの漢字一覧
魚へんの漢字一覧

魚偏の漢字の一覧、漢字の簡単な由来と魚の画像(あれば)まとめて掲載しているページです。画像はすべて表示すると重いので小さいものを利用しています気になるものだけチェックしてみてください。魚偏の漢字、魚偏というのはうおへんと呼ぶのが正しいようです。魚偏の漢字というのは、どのぐらいの数があるのかといいますと中国の辞書によればもの魚偏の漢字があるとされている。すべての魚偏の漢字が日本で使用されるという訳で……

ヒメジの種類
ヒメジの種類

アカヒメジ体側の中央部に黄色いラインが一本はいっている。群れで泳いでいて、一定の場所でとどまっていることが多い。ヒメジの種類はひげを使い餌をとることが多いがアカヒメジはそのような行動はしない。普段は体色が黄色味があるが、寝たり、死んだり、ホソメワケベラにクリーニングされているときに赤味がつよくなる。インドヒメジサンゴ礁域に生息する、ヒメジの種類。頭部から体中央にかけて茶褐色で、体の後半が黄褐色なの……