Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハタの混泳

ハタの種類(ユカタハタ、ニジハタ、アカハタ、オジロハタ、バラハタ、マダラハタ、アカマダラハタ、アオノメハタ)の多くは、かなり口を大きく開くことができるので
飲み込めるサイズの小型の海水魚とハタを混泳すると
ほとんどの場合丸呑みされてしまう。

またハタは生きたエビは好物なので、エビの種類を混泳すると
こちらも丸呑みにされてしまう。

ハタが小型でおとなしい種類の場合は、他の混泳している海水魚に
攻撃することはないので、わりと安心して混泳できる。

ハタの混泳表

ハタの混泳と同じカテゴリ

 

ハタの混泳を見ている人は他にこんなページもみています

カワハギの混泳
カワハギの混泳

カワハギの種類は、近縁種のモンガラカワハギとは違い非常におとなしい性格をしている。とくにモンガラカワハギと違い、歯が鋭くなく餌をもみほぐすようにかじり取るのに都合の良い歯になっている。そのためかじられて悪さをされることがなく、他の海水魚とカワハギを混泳させやすい。カワハギは海水魚のみの混泳にはよく向いていて、さまざまな種類の海水魚と混泳させることができる。飼育していて、なにか匹混泳させたい場合など……

危険 脳に入る顎口虫が寄生する魚の種類
危険 脳に入る顎口虫が寄生する魚の種類

顎口虫は主に、淡水に生息する魚の種類へと寄生する。あまり淡水魚を生で食べることはしないと思われるが、特別な状況などで食べる可能性も考えられるので、その際は顎口虫に注意する必要性がある。症状は極めて危険で人体に入った顎口虫は胃壁や腸壁を破り体内に移行。幼虫は人の臓器、脊椎、脳、眼球などに入り込んでいき、その機能を損傷させる恐れがある。主に顎口虫はドジョウの踊り食いなどをして食するのが危険視されている……