Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボラの簡単な捌き方

ボラの捌き方

 

ボラの画像

ボラの画像
(以後この写真を元に捌き方を説明していきます)

ボラ 捌き方 手順① 頭を落とす

包丁などの刃物で頭を切り落とすだけ。
塩焼きとしてボラを料理するときは頭を残した
ままでも問題なし。

アラをとる前、切れ込みを入れやすいので
基本的に切ってしまうのがいいでしょう。

 

ボラ 捌き方 手順② アラをとる

ボラ 捌き方 手順② アラをとる

 

手順①の後、写真の赤い印のおなかの部分を切り開き
アラを取り除きます。

清流のような場所で釣ったボラは特に問題はないと
思いますが。

場所や時期によっては捌くと腹の中から
汚泥が出てくることもあるので
手順②までは家の外など、汚れても
問題ない場所で行う
ことをおすすめします。

 

まな板の上などで行うと、使い物にならなくなると
思いますので、アラを取り出すまでは使わないほうがいいです。

 

腸の部分はカラスミなどに利用できるようですが
気になる方はつくり方などを調べて
残しておいてもいいかもしれません。

 

ボラ 捌き方 手順③ ウロコをそぎ落とす

ボラ 捌き方 手順③ ウロコをそぎ落とす
写真の赤い印がついた体の部分、にウロコがあります。

包丁の背などを当ててボラのウロコを
そぎ落としていきます。

ボラのウロコは1枚が割と大きくて固めなので
しっかりとウロコをそぎ落としておいたほうが
いいでしょう。

 

刺身以外などで加熱調理する場合は
お湯をウロコの表面にかけると
皮をそのまま剥くこともできるので
ウロコを落とさずに楽に調理できます。

 

ボラ 捌き方 手順④ 3枚におろす

 

出来るだけ中央の骨の部分に身がのこらないように
身の部分と骨の部分を3枚に切り分けます。

ボラは小骨が多いので、この後で
身にわけた部分の小骨を取り除いて
いきます。

刺身などで食べる場合は特に小骨を取く
必要があり。

 

 

ボラの締め方

 

ボラの締め方 手順① 地面に置いて押さえつける

ボラの締め方 手順① 地面に置いて押さえつける
赤い印がついた部分を滑らないように布のようなもので抑えると
安定します。

 

ボラは個体によっては大きく釣った後でもかなり暴れまわります、一つの動きが
力強いです。
特にルアーなどが刺さったままだと怪我をしやすい。

初心者の方はタモにいれたまま少し落ち
つかせてから
締めたほうが安全に
針を外したり、締めたりすることができます。

 

ボラの締め方 手順② 針を外す

 

ボラはかなり暴れるので
地面などでに押さえつけてプライヤーなどの針外しで針を
外します

 

この時に素手で針を外そうと
すると怪我をしやすいので注意。

 

ボラの締め方 手順③ エラ下を切る

ボラの締め方 手順③ エラ下を切る

 

針を外した後は、押さえつけたままハサミやナイフ
などで切れ込みを入れていきます。

ボラのエラ下の白い部分にハサミやナイフで
切れ込みを入れます

この部分はわりと柔らかいので簡単に
ハサミなどでも切れます。

 

 

ボラの締め方 手順④ 延髄を切る

ボラの締め方 手順④ 延髄を切る

 

エラ下を切ったあとは、切れ込みを入れた部分よりも上に
ある延髄の部分をハサミやナイフで切断します。

ボラはこの部分がかなり固いです。

大きい個体だともろいハサミなどでは切れないと
思いますので丈夫なハサミや刃物などで切ります。

 

ボラの締め方 手順⑤ 血抜き

 

血抜きしていないボラの刺身は血なまぐさい
ので締めてからすぐに血抜きすることを
おすすめします。

 

大きいサイズのボラであれば、常温でそのまま
持って帰っても生きていることも多く
生きたまま捌くということもあると思います。
この場合でも血抜きしないと刺身などは
かなり血なまぐさくなるので、血抜きすることを
おすすめします

 

まず、血抜きするには締めた後に尾ひれの
少し上の部分に切れ込みを入れます。

 

バケツなどの大きいものに海水を入れて頭から漬け込みます。
ボラは5数分程度置いておくと血が抜けます

(血抜きはかならず海水で行います)

死んだあと血が固まるのが早いので、締めた
あとはすぐに血抜きを行う。
固まった血は水洗いしたぐらいではすぐには落ちません。

ボラの簡単な捌き方と同じカテゴリ