深海エイの種類

主に日本近海でみられる深海に生息するエイの種類
を挙げてみました。

 

深海エイの種類一覧

  • チヒロカスベ
  • コマンドルカスベ
  • ミツボシカスベ
  • オナガカスベ
  • マツバラエイ
  • イトヒキエイ
  • ムツエラエイ

深海エイの種類 ガンギエイ科

ガンギエイ科はエイの種類の中でももっとも多くの種を
含む。

 

チヒロカスベ

チヒロカスベの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

水深 1000m~2900m
分布 東北地方太平洋、北東太平洋

胎盤の横と縦の長さが等しい。
尾は胎盤より短く、尾部に31本の棘がある。
腹部は小さい鱗でおおわれている。

 

コマンドルカスベ

コマンドルカスベの画像
出典 – http://www.fishbase.se/

水深 160m~950m
分布 オホーツク海、ベーリング海

吻は柔らかく、曲がりやすい。
目から少し離れた部分から尾の先まで棘が一列
並んでいるのが特徴。
背面には鱗が少ない。
底引き網で捕獲されることがあり、食用として利用される。

 

ミツボシカスベ

ミツボシカスベの画像
出典 – http://www.boldsystems.org/

水深 1100m~1420m
分布 青森県の太平洋岸、オホーツク海

胎盤の横幅が広い、目がかなり小さく墳水孔よりも小さい。
棘は目の前と後ろ、墳水孔の後ろ、胎盤の中央から尾にかけて
20本
の棘がある。
腹面はおもに暗紫色。

 

オナガカスベ

水深 300m~1000m
分布 北日本の太平洋

和名のように尾がかなり長い深海エイ
胎盤とおなじぐらいの長さがある。
体の背面は大きな鱗がありざらついている。
食用として利用される。

 

マツバラエイ

マツバラエイの画像
出典 – http://www.fishbase.org/

水深 800m~1200m
分布 東北地方、北海道の太平洋岸

体の両面が黒紫色の深海エイ、棘は目の後ろと尾部にかけて並ぶ。
食用として利用される。

 

深海エイの種類 ホコカスベ科

イトヒキエイ

イトヒキエイの画像
出典 – http://www.fishbase.se/

水深 600m~100m
分布 南シナ海

胎盤の横と縦の長さが等しい。
吻の先端に細く短い、糸状の突起がみられる。
背面に鱗がない、尾部は細く糸状。
体には棘はない

 

深海エイの種類 ムツエラエイ科

ムツエラエイ

ムツエラエイの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

水深 350m~1000m
分布 南シナ海

和名のように、腹の鰓孔(えらあな)6対ある深海エイ
全体的に胎盤が円形になっている。
吻がかなり前へとつきだした形。
尾部の背面に1本の大きな棘がある。

深海エイの種類と同じカテゴリ

 

深海エイの種類を見ている人は他にこんなページもみています

ロイヤルグラマの飼育
ロイヤルグラマの飼育

カリブ海の美しい海水魚ロイアルグラマ、ブラジル産も輸入される。頭部の色が少しことなるが、体の模様もほとんど似ている。飼育の際には際立った違いはない。ロイヤルグラマの性格水槽にいれるとロイヤルグラマはライブロックの隙間に隠れてしまい、ほとんどライブロックに隠れてすごすことも。慣れると餌の時だけこっそりとでてくる。ロイヤルグラマは激しい気性の魚、自分よりも小さいか同じぐらいの魚などはわりと追い回す。ロ……

エビ(海老)の種類 27種
エビ(海老)の種類 27種

食用から観賞用までのエビ(海老)の種類の一覧です。ついでにエビの代表種、有名であるものは記載しています。食用エビの種類食用エビの種類で、エビチリ、寿司、冷凍エビ、エビフライなどの料理でつかわれる海エビの種類を各種紹介。以外によく食べていたりしても知らないエビの種類も多かったりします。クルマエビの種類クルマエビ(車海老)よく料理で一般的につかわれるエビの種類代表種。ブラックタイガーと混同しがちだが別……