Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

深海エイの種類

主に日本近海でみられる深海に生息するエイの種類
を挙げてみました。

 

深海エイの種類一覧

  • チヒロカスベ
  • コマンドルカスベ
  • ミツボシカスベ
  • オナガカスベ
  • マツバラエイ
  • イトヒキエイ
  • ムツエラエイ

深海エイの種類 ガンギエイ科

ガンギエイ科はエイの種類の中でももっとも多くの種を
含む。

 

チヒロカスベ

チヒロカスベの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

水深 1000m~2900m
分布 東北地方太平洋、北東太平洋

胎盤の横と縦の長さが等しい。
尾は胎盤より短く、尾部に31本の棘がある。
腹部は小さい鱗でおおわれている。

 

コマンドルカスベ

コマンドルカスベの画像
出典 – http://www.fishbase.se/

水深 160m~950m
分布 オホーツク海、ベーリング海

吻は柔らかく、曲がりやすい。
目から少し離れた部分から尾の先まで棘が一列
並んでいるのが特徴。
背面には鱗が少ない。
底引き網で捕獲されることがあり、食用として利用される。

 

ミツボシカスベ

ミツボシカスベの画像
出典 – http://www.boldsystems.org/

水深 1100m~1420m
分布 青森県の太平洋岸、オホーツク海

胎盤の横幅が広い、目がかなり小さく墳水孔よりも小さい。
棘は目の前と後ろ、墳水孔の後ろ、胎盤の中央から尾にかけて
20本
の棘がある。
腹面はおもに暗紫色。

 

オナガカスベ

水深 300m~1000m
分布 北日本の太平洋

和名のように尾がかなり長い深海エイ
胎盤とおなじぐらいの長さがある。
体の背面は大きな鱗がありざらついている。
食用として利用される。

 

マツバラエイ

マツバラエイの画像
出典 – http://www.fishbase.org/

水深 800m~1200m
分布 東北地方、北海道の太平洋岸

体の両面が黒紫色の深海エイ、棘は目の後ろと尾部にかけて並ぶ。
食用として利用される。

 

深海エイの種類 ホコカスベ科

イトヒキエイ

イトヒキエイの画像
出典 – http://www.fishbase.se/

水深 600m~100m
分布 南シナ海

胎盤の横と縦の長さが等しい。
吻の先端に細く短い、糸状の突起がみられる。
背面に鱗がない、尾部は細く糸状。
体には棘はない

 

深海エイの種類 ムツエラエイ科

ムツエラエイ

ムツエラエイの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

水深 350m~1000m
分布 南シナ海

和名のように、腹の鰓孔(えらあな)6対ある深海エイ
全体的に胎盤が円形になっている。
吻がかなり前へとつきだした形。
尾部の背面に1本の大きな棘がある。

深海エイの種類と同じカテゴリ

 

深海エイの種類を見ている人は他にこんなページもみています

簡単な魚のハサミでの血抜きと締め方
簡単な魚のハサミでの血抜きと締め方

釣った魚を持ち帰り食べる、美味しく魚を食べるには鮮度を保つことが重要です。特に刺身などで魚を食べる方はきっちりとした締め方をしておくことをおすすめします。魚の締め方種類魚の大きさによっては絞め方は変えたほうが手間がかからず楽です。魚の大きさによって以下のように絞め方を変えます大きい魚締めたあと血抜き(血抜きされたハマチの画像)小さい魚氷締め(サビキで釣れた小アジ)血抜きするのはブリ、サワラ、真鯛、……

アオリイカ 締め方(ナイフ,ハサミ,チョップ)締めないとどうなる?
アオリイカ 締め方(ナイフ,ハサミ,チョップ)締めないとどうなる?

アオリイカは墨攻撃もあり、釣った後にできればすばやく締めたい所。いろいろな締め方や、締めないとどうなるのかを書いておきます。アオリイカの締め方締める前の墨対策主に陸に上げた時に締める方がほとんどだと思いますがアオリイカを直ぐに締める際には、必ずゲソ触手の下の方を自分の方に向けないということが大切。デカいアオリイカを釣って墨を吐かれるのがどうしても嫌な方は胴体の水を抜けば墨を飛ばしてこなくなるので、……