餌釣りしながらスマホでできる副業

餌釣りしながらスマホでできる副業情報
まとめてみました。

 

餌釣りでも釣れる日や釣れない日のムラがあり
外れの日は全然あたりもなく一日中、海を見て過ごす
事もありえます。

 

夜釣りの場合は暗い海、対岸沿いに見える夜景、夜空、
波の音、虫の鳴き声
などを見聞きしながら、日常生活からすこし距離を置いた
時間を過ごすというのもありですが。

 

せっかくなのでその時間を使い稼いでみるというのが
この記事の趣旨です。

 

餌釣りでもサビキなどひたすら作業しつづけないといけない
ような餌釣りを除くと
「ウキ釣り」「底に着底させる釣り」
などがあります。

 

ウキ釣りはベタ凪でウキがほとんど動かないような
場合ぐらいしかやりづらいですが
底に着底させる餌釣りは結構いけます。
カレイ、マゴチ、ウナギ、アナゴ、ハモ、キス、根魚等
などを狙う釣りなどは風が強すぎるような場合を
のぞけば作業できます。

 

 

餌釣りしながらできる副業 記事作成

 

記事作成と、あながち誰でも知っていそうな副業の
一つですが、スマホでも

「フリック入力」を使いこなせば
かなりのスピードで文字が書けるという事を
知っているでしょうか。

 

メモ帳のようなアプリをインストールした後
フリック入力を使いこなせば、簡単に待ち時間の時でも
副業ができます、フリック入力の早い人であれば
1時間で2万文字ほど書けるようです。

 

記事作成の文字単価は書く人や文章内容によってまちまちで
1文字0,1~十数円となりますが、平均的には1円程
が一般的な文字単価

 

1文字あたりの単価1円の場合で計算すると
「1時間で2万円」というのが単純計算。

まあこれはフリック入力のすごい早い人の話で。

 

もとから知っているということを書くという前提でも
考える時間などもとられるので、普通の方は早くても
~3000文字ぐらいが妥当な所でしょう。
それでも時給換算すると3000円程度とそこそこの収入になるかと
思います。

 

 

記事作成の案件を受けるのは

 

・ランサーズ

 

 

などがあります、釣り場に行く前に案件は受けておいた
ほうがいいです。

文字を早く書きたい場合は、自分の専門職と
しているような案件
を受けると、ほとんどの人は
直ぐに記事が書けると思います。

 

 

餌釣りしながらできる副業 電話相談

 

最近はいろいろなCtoCアプリが続々と登場しています。
電話相談を受けて副業できるというアプリもあります。

 

「ココナラ」

 

というアプリで、これがいろいろな電話相談に
応じて、お金がもらえます。
主に恋のお悩み相談というのが多いようです。

 

電話だけであれば、スマホのフリック入力で
文字を書くというよりも
ほとんどの人には敷居はさがるのでは?

 

餌釣りしながら、電話で話している人もかなり多く見られるので
実際にもやりやすいような副業の一つだと思います。
風が強い日を除けば、ほとんどの場合できるはずです。

 

で実際にどのぐらい稼いげるかというと

ランク認定出品者の方に限りですが

100円+税(1分)
130円+税(1分)
160円+税(1分)

という金額を設定できるよう。

 

時間は電話相談の相談内容にもよるかもしれませんが
十数分~30分ぐらいといった所でしょうか

 

仮に30分ぐらい100円の設定で相談を受けたとして3000円
1時間であれば6000円程
手数料が25%引かれますので、4500円ほどになりますが。
時給換算すると4500円となかなかの収入になります。

 

電話相談を受けるだけというだけでも、かなりの
収入になりますのでおすすめです。