ウツボの種類

日本のウツボから海外のウツボまで
写真を交えてウツボの種類を簡単に紹介します。

ウツボは種類が多く、日本近海でも40種類近くが知られている。
他の海水魚と違う特徴としては、うろこ、胸ビレ、腹ビレ、舌がないという点があげられる。
主に夜行性で、昼は岸近くの岩礁やサンゴ礁のすきまに潜んでいるウツボが多い。

凶暴そうな見た目であるが人間が手をださないと、ほとんど
攻撃してこない種類が多い。
歯は鋭く危険であるが、慣れると直接触ったりもできる。
カンブリア宮殿の江ノ島水族館の回で、ウェットスーツを着た
飼育員の方がウツボを直接抱いている場面もあった。

よく地方では食用とされるが、ドクウツボ、ゴマウツボ、ハナビラウツボ、ナミウツボなど
猛毒性ののシガテラ毒を体内にもっているウツボの種類もすくなくない。
地域によってシガテラ毒が無いある場合もある。

ウツボの種類 一覧

  • ウツボ
  • ドクウツボ
  • インディアン・モレイ
  • アデウツボ
  • アセウツボ
  • グリーンモレイ
  • ハナヒゲウツボ
  • トラウツボ
  • ゼブラウツボ
  • クモウツボ
  • オナガウツボ
  • ホワイトモレイ
  • ゴールデンモレイ
  • ハナビラウツボ

ウツボの種類 ウツボ属

ウツボ

ウツボの写真画像

本州の関東以南からフィリピンにわたって生息して、普通に
見られるウツボの種類。
食用ともされるが、かなり骨の処理に手間がかかるよう。

ドクウツボ

ドクウツボの写真画像

噛まれると毒になるわけでなく、体内に猛毒をもつ。

みるからに毒々しいのであまり食べるひとはいないと思いますが
体内にシガテラ毒をもつウツボの種類で食べるとアウト。
食べる以外の人間への被害はほとんどない。

 

インディアン・モレイ

インディアンモレイの写真画像

鑑賞魚用としてもよく販売されるウツボの種類。

写真の固体は成魚で、幼魚のときはもう少し模様が
はっきりとしていて綺麗。

 

アデウツボ

口の中が鮮やかな黄色のウツボ。目の中の上下に黒い点がある。
この写真からも、舌がないというウツボの特徴がよく確認できる。
外見は少々ドクウツボに似ています。

アセウツボ

白地に薄茶色の小さい斑点が入るウツボ。
よく浅いところに生息しているので、シュノーケリングなどでみやすい。

このように浅いところにいるので、なかなか不思議な感じがする
ウツボですね。

グリーンモレイ

オリーブグリーンの体色をしているウツボ、体長が最大で2,5mにまでなる
大型のウツボ。
観賞用としても入荷される、海外のウツボの種類ではこちらが有名。

ハナビラウツボ


体色は黒で白い水玉模様が入るウツボの種類。
日本では琉球列島などでみられる。
口の中が白いので英名ではホワイトマウスモレイとも呼ばれる。

ウツボの種類 ハナヒゲウツボ属

ハナヒゲウツボ

他のウツボの種類と比べると細長い体をしているウツボ。
青と黄色の姿がカラフルでなかなか綺麗なウツボ。
よく観賞用としても、販売される。

ウツボの種類 トラウツボ属

トラウツボ

トラ模様のようなウツボ、歯はかなり鋭い、全長は約80cmになる。
南日本からインドネシアにかけて分布する、いろいろなトラウツボの写真を観覧してみるとわかるが
口は大きくて完全に閉じることができない。
以外にも皮膚が厚く、なめし革として、財布、ハンドバックなどの細工物に利用されていることも
あるようだ。

ウツボの種類 ゼブラウツボ属

ゼブラウツボ


縞模様でなかなかオシャレな感じのウツボ、観賞用としても販売される。

 

ウツボの種類 アラシウツボ属

クモウツボ


やや特徴的な模様をするウツボ、こちらもよく観賞用としても販売される。

ウツボの種類 オナガウツボ属

オナガウツボ

体長は普通で約3m程、時に4mにもなる固体も現れる。
世界最長の大きさのウツボの種類
日本でもみられる。

 

ウツボの種類 その他

以下のウツボは海外のウツボの種類、詳細は不明。

ホワイトモレイ

ホワイトモレイの写真画像

ゴールデンテールモレイ



ウツボに擬態 海水魚

シモフリタナバウオ(Calloplesiops altivelis)
はハナビラウツボに擬態する、顔だけを隠して
穴に隠れて体の後ろ半分だけを出す。
意外にもこれがハナビラウツボ似たような感じに見える
背ビレの後ろにあるのは鮮明な丸い斑紋は
眼状班といわれるもの、本物の目をカモフラージュするためにある。
下の動画はシモフリタナバウオのものです。

ウツボの種類と同じカテゴリ

 

ウツボの種類を見ている人は他にこんなページもみています

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……

うなぎに似た魚(細長い魚)
うなぎに似た魚(細長い魚)

うなぎみたいな細長い魚が釣れたけど何かわからず食べるれるか不安みたいな事も多いこともあるかもしれない。そんな方のためにうなぎに似た魚の種類をメモしておきます。わりとウナギの触感や味に似ていたり、代用品みたいに使えるかもしれないので見分けて食材に利用してみてもいいかもしれないです。普通に日本でうなぎとして食されるのはニホンウナギ()となる。見分ける為に写真を載せておきました。よく考えるとあまり食べて……