カサゴ 毒のある魚の種類

 

主に鰭のトゲに毒をもつ種類のカサゴの毒は
アイゴやゴンズイと同じ毒ペプチドというタンパク質の一種とヒスタミン類。
非常に痛いが、刺されても死亡にはいたらない。

他の魚と比べると海底で動かずにじっとしている
種類が多い。

共通項目を以下のように記載している。

  1. 名前
  2. 全長
  3. 分布

 


カサゴ(ガシラ)

カサゴ(ガシラ)の画像

  1. カサゴ
  2. 20cm
  3. 日本では北海道以南

全体が茶色系の色でまだら模様がはいる。
水深が深い場所に住んでいる固体が赤みが強い。
夜行性で昼間は海底でほとんど動かない。

 


ミノカサゴ

ミノカサゴの写真画像

  1. ミノカサゴ
  2. 25cm
  3. 日本では北海道以南

地は白みが強く、黒褐色の縞がある。
ハナミノカサゴに似るが縞に網目模様があるので見分けられる。

じっとしておらず、よく泳ぐカサゴ。
あまり沖にはでてこない魚、波止の底でよく見る。
鰭に毒をもつ。毒性はアイゴと同じ
毒。

綺麗な魚なので観賞用として飼育されるこもとある。


ハナミノカサゴ

  1. ハナミノカサゴ
  2. 25cm
  3. 相摸湾以南

 

目のそばに角のような細長いものがつく
大型の固体ではついていないものや
片方だけ付いている固体もいる。

成魚は岩礁域やサンゴ礁域に生息して、穴なのど
身を隠せる場所に潜んでいることが多い。

色彩変異個体が多く、全身が真っ黒のものもいる。

餌を捕食する際に、体色を変えて獲物を待ち伏せする
事もある。

鰭にはミノカサゴと同じ毒を持つ。

琉球諸島ではミノカサゴよりハナミノカサゴの

がもっとも良く見られる。


ウルマカサゴ

  1. ウルマカサゴ
  2. 25cm
  3. 琉球諸島以南

 

うるまとは沖縄の方言でサンゴを表す。
ウルマカサゴは沖縄のサンゴ礁海域に生息するのが
名前の由来。
主にサンゴに擬態して生息する。

 


セムシカサゴ

  1. セムシカサゴ 
  2. 20cm
  3. 琉球諸島以南

岩に擬態していてよく観察しないと岩と見分けづらい。
ほとんど動かずに海底にいる。
体は褐色で白い粉をまぶしたような姿。
胸鰭を広げて敵から逃げる。

 


キリンミノ

  1. キリンミノ
  2. 20cm
  3. 本州中部以南

カサゴにやや似る、体全体やや赤みが強い。
サンゴ礁域や転石帯に生息する。

 


ハチ

  1. ハチ
  2. 15cm
  3. 本州中部以南

和名はハチでハチカサゴと呼ばれているものとは異なる。
やや他のカサゴと異なり、底魚でないような姿をしている。
ハチは背ビレのトゲに毒をもっている。
背ビレの端に黒いスポットがあり。
胸ビレが黄色っぽく長い。


カサゴ 毒のある魚の種類と同じカテゴリ

 

カサゴ 毒のある魚の種類を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚 堤防からの釣り方
太刀魚 堤防からの釣り方

太刀魚はまったくの釣りの初心者でも堤防から釣り上げることのできる魚ですのでこれから磯釣りの入門としてもおすすめできる対象魚の一つです。海釣りと言えば、太刀魚のエサ釣り以外はしないという方も多いほど、他の大きい魚に比べて釣れやすくさらに捌くのも非常に楽で旨いという魚にあたりますので人気は強烈な物です。そんな人気のある太刀魚堤防からの釣り方をご紹介太刀魚堤防からの釣り方一覧太刀魚堤防からの釣り方タナ太……

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……

カサゴ販売、価格


  • (海水魚)キリンミノカサゴ Mサイズ(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    2440円

  • 可愛いサイズです♪キリンミノカサゴ(Sサイズ)5-6cm前後 【海水魚】(15時までのご注文で当日発送可能です)

    2139円

  • (海水魚)サツマカサゴ ホワイト(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    2120円

  • AL アクアリウム 暗闇 光る 人工 水族館 ミノカサゴ オーナメント 水槽 クラゲ グループ2 AL-AA-2846

    1517円